〈ラーメン嫌いを克服させてくれたラーメン〉一龍@神奈川県寒川町


中学生の頃まで啜ることが嫌いで、止むを得ず、何かを啜ることになると気持ち悪くなっていた。だから、ラーメンは嫌いな食べ物で、それは今となっては考えられない。しかし、そんなある日、中学3年の頃か、プロ野球観戦のあとに親戚のおばさんに「ラーメン食うか」と言われて、基本Yesマンなので、「はい」と答えて、でも心の声は「どうしよ、食えなかったらどうしよう…でも家まで近いし、とりあえず頑張って食べて家で吐けばいいや」とラーメンの神様に怒られ兼ねないことを思っていた。

そして連れて行ってもらったのは、一龍だ。

豚骨白湯のスープが身体に染み渡り「ラーメンってこんなに美味しかったのか」と思い、ラーメン嫌いだった今までを後悔した。

  
で、久々に一龍に行った。

 
Aセット。これで1000円。かなり腹一杯になる。

  
ラーメンが食べられるようになった感謝の一杯だ。単品では、550円とかなり安い。このスープで最後にごはんを食べる、それが美味しい食べ方。

  
この餃子はニンニクは入っていないが十分に美味しい。3個にするセットは800円。6個だと確かに多いから3個が良かったかもと少しだけ後悔するも、余裕で完食。

さがみ縦貫道も通ったので、ここのお店までかなりアクセスし易くはなった。電車だと相模線倉見駅、門沢橋駅が最寄りで、電車の本数が不自由なので車で茅ヶ崎などに来た時に立ち寄るのがベストか。

お店:一龍


You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です