電車の中で愚痴る新卒


昨日、いつも通り丸ノ内線で帰っていて、いつも通り常連の静かな乗客に囲まれて、走る電車に揺られていて、ぼーっとスマホでニュースを読んでいたら、ある駅で新卒らしい人たちが入ってきて、いきなり大きな声で話し始めた。

「早速だるい」

「人事うざくない?」

電車の中は、常連以外はよく喋る。大きな声が聞こえた瞬間に、春から仲間入りした新人だな、と勝手に解釈しているが、割と度が過ぎていて、コンプライアンスの研修は研修初日からやるべきだな、と確信したのだが、4月の中旬が終わってないなかで、そんなに溜まるものがあるのか?と疑問に思うほど愚痴が湧いて、東京の地下で発散していた。核と同じくらい厄介に思えた。

 

「ウザい」「ダルい」が頻繁に出ていて、あなたの話を聴かされて、ウザいし、こっちまで怠くなってくるわ…と思いながら、周りの常連、誰か注意しないかな?と思ってもせず、愚痴はエスカレート。小林という彼女らを教育している人の名前まで飛び出す。あかん。

 

電車の中は、物凄くパブリック。知り合いが載っていると思って過ごすべきだと思う。誰かに見られている、話を聞かれていると思った方が無難。なんなら話さない方がいい。

 

最近、「飲みニケーション」という言葉を聞かなくなった。その言葉は飲んで交流して仲を深めることを意味する。相反して、若者が飲みに行かなくなったとよく聞くようになった。

 

もし、飲みニケーションの場が、居酒屋から地下鉄にうつっているとしたら、本当に厄介で、改めた方が良い。ただ電車をパブリックと思わず、コンプラに触れることをいきなりパブリックで言える神経にも問題があるが、それをもう国の教育のせいにするのも、親のせいにするのも末期というか、完全にアウトゾーンで、自分で感じて学ばないといけないと思う。

 

5月になって、研修が終わって現場に行ったら、今はお客様かもしれないが、下っ端としての雑務や理不尽がふりかかって、今よりも環境的には愚痴ることが積もると思う。そこで愚痴るか愚痴らないかで、色々な差が生まれると思う。

 

5月には、こんな愚痴りをメトロで聞きたくないなと思いながら、自分も注意しなきゃ、と思った。


2件のフィードバック

  1. Johne787 より:

    Today, while I was at work, my sister stole my apple ipad and tested to see if it can survive a 30 foot drop, just so she can be a youtube sensation. My apple ipad is now destroyed and she has 83 views. I know this is entirely off topic but I had to share it with someone! kgcffkeddeke

  2. Smithf559 より:

    very nice post, i certainly love this web site, keep on it dcbcbcddddddcgee

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です