就活生は「学力」を「がくりょく」と読まない


今日会社に来ていたインターンの学生と話す機会があり、就活の話になり、その学生がしきりに「がくりき」という言葉を使うので、「『がくりき』って何ですか?」と聞いたら、なんと、「学生時代に力を入れて頑張ったこと」ということらしい。

僕が就活生だったのは、約10年ほど前で(もうそんなに経ってしまったのか…)、僕が就活をしていた頃のエントリーシートや面接でも度々「学生時代に力を入れて頑張ったこと」は登場していた。しかし、その頃はまだ「学生時代に力を入れて頑張ったこと」を「がくりき」と呼ぶことはなく、「学生時代に力を入れて頑張ったこと」は「自己PR」に含んでいたような記憶である。少なくとも僕は「自己PR」であった。

エントリーシートや面接で直面する「自己PRをしてください」と「学生時代に力を入れて頑張ったことを教えて下さい」は、僕は完全に同じ回答でOKだと10年前の就活生だった頃の僕は思っていたと思うのだが、それはもしかしたら間違っていたのかもしれないと、今更思った。しかし、その違いを説明できないし、違いを設けるのも面倒に思う。

「学生時代に力を入れて頑張ったこと」 が「学力(がくりき)」 と略された背景には、絶対に「自己PRをしてください」との差別化するポイントがあるのだろう。それを知るために就活本を読んでみたい気持ちがあるが、多分、僕の頃と変わっていないんだろうな。変わっていたら、何か、本当に就活にマニュアルがあるみたいで、少々気持ちが悪いように思う。

就活生における「学力」は「がくりょく」ではなく、「がくりき」。お忘れなく。


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です