パリの美術館の作品をまとめてみた(ルーヴル、オルセー、国立近代、ピカソ、オランジェリー)


 

芸術の街、パリ。ピカソやショパンなどの芸術の偉人の歴史を調べると必ずパリを通る。彼らが生きた時からかなりの時間が経った今も、まだ芸術の街であり続けるのは、そんな彼らが過ごした、だけでなく、彼らの作品がそこに眠っているからであるような気がしている。そう、彼らの作品が眠っている場所、美術館がかなり素晴らしかった。眠っていると表現すると何か違和感があるが。

特にルーヴル美術館、オランジェリー美術館を回って、作品の凄さは作品だけじゃなくて美術館のクオリティーにも依存すると思った。これまでニューヨークやスペインなどの有名な美術館は回ってきたが特に感じた。

パリの美術館、ルーヴル美術館、オルセー美術館、ピカソ美術館、国立近代美術館、オランジェリー美術館で撮影した作品などの写真をここに保存する。

まずは、ルーヴル美術館。

 

有名なガラスのピラミッド。

曇りであるのは非常に残念である。そしてパリが本当に美しくなるのは、あとで分かるが晴れの日である。青空になるとパリの街並みは曇りの日の3倍以上に綺麗になる。日本の晴れと何か違うような。青空の青がもっと青いというか。

ガラスのピラミッドの中に金色のものが見える。

 

このピラミッドの下にはルーヴル美術館へ入口がある。中の写真はこれだ。

 

 

ルーヴル美術館最寄りの駅からルーヴル美術館に通じる通路にはサモトラケのニケやミロのビーナス、モナリザのグラフィック。

 

ルーヴル美術館最寄りの駅からルーヴル美術館に通じる通路にあったキヨスクのような店に「チケット」の文字があり、ルーヴル美術館のチケットを購入することに。

パリには個別の美術のチケットの他に下の写真にあるパリの美術館や凱旋門などの観光施設に入れるパスポートチケットがある。僕は4日間有効のこのパスポートチケットを購入した。のちに計算したが、これは62ユーロで購入したが、回った美術館やパリの観光施設の入館料を足し合わせると150ユーロを超えていて、かなりお得であった。というか凱旋門の屋上が好きで3回登った。

 

 

凱旋門は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です