天皇陛下のお気持ち表明動画を見て「生前退位GO!」とはまだ言えない


 

 

プッシュ通知は基本的に見て見ぬ振りというか、見てても認知まで届かない曖昧な記憶に留まる程度の力しかないと思っているのだけど、「天皇陛下がお気持ちを表明」という、何ともほんわかした、しかし具体的で端的なメッセージがプッシュ通知として届き、スクショまで撮ってしまった。

 

image

 

そう、天皇陛下が改めて生前退位に強いご意向を示したのだ。

 

理由としては「高齢による体力の低下に伴い象徴の務めが困難」だとするものの、「(天皇陛下のお気持ち表明動画より)天皇が健康を損ない、深刻な状態に立ち至った場合、これまでにも見られたように社会が停滞し、国民の暮らしにも様々な影響が及ぶことが懸念されます。更にこれまでの皇室のしきたりとして、天皇の終焉に当たっては、重いもがりの行事が連日、ほぼ2ヶ月に渡って続き、その後葬儀に関連する行事が、1年間続きます。その様々な行事と新時代に関わる諸行事が同時に進行することから、行事に関わる人々、とりわけ残される家族は、非常に厳しい状況下に置かれざるを得ません。こうした事態を避けることはできないものかとの思いが胸に去来することもあります。」と、国民や家族へのお気遣い、心配の気持ちと、天皇陛下が亡くなってから譲位することの無駄な進行への不満の気持ちに、「そうなんだ!」という新しい気付きとともに「生前退位だ!」という天皇陛下のご意向に沿う気持ちが自分の中に生まれたのを感じた。

 

 

この表明は、一限に「高齢による体力の低下に伴い象徴の務めが困難」だからではなく、それはあくまできっかけに過ぎず、これからの天皇制、天皇の在り方を問うような、そんな歴史的な動画に思えた。

 

 

 

動画冒頭の

「象徴と位置付けられた天皇の望ましい在り方を、日々模索しつつ過ごしてきました。」

「伝統の継承者として、これを守り続ける責任に深く思いを致し、更に日々新たになる日本と世界の中にあって日本の皇室が、いかに伝統を現代に生かし、いきいきとして社会に内在し、人々の期待に応えていくかを考えつつ、今日に至っています。」

というメッセージに「同じ人間なんだ‥」と失礼にも思いながら、プッシュ通知にあったようにまさに天皇陛下の気持ちの話で、冒頭から心を掴まれたような気がした。
あくまで天皇陛下の気持ちであり、「生前退位させてくれ。そのために皇室典範改正を。」という天皇陛下の叫びではない。いや天皇陛下の気持ちであるからこそ、僕ら国民が何故か「生前退位させてあげなよ(何様!)。そのために皇室典範改正を。」と叫びそうになってしまっている。

 

 

ただ何故、今まで生前退位がなかったのか。ここは考えなければならない。

 
生前退位ができたら、政治的に不都合な天皇を退位させることができてしまうから、であると思うのだが、こんな感じで教科書に載ってるか不安な気持ちを持ちながらブログに載せてしまっているので、全くの見当違いであればコメントでご指摘をお願いしたい。

天皇陛下のご意向を「お気持ち」でしか把握できず、今回のように動画でお気持ちを届けてくれるのであれば希望の方向は何となくはわかるが、動画でなく実際の表情とご意向がリンクしないケースで、生前退位を希望する場合だって考えられる、入院中とかとか。そんな時に、その時の天皇陛下を不都合に思う誰かが根回しに根回しを重ねて「天皇陛下、生前退位したいってよ」ということにすることだって考えられてしまう。今回の件で、生前退位GOとなれば、こんなことが想像できてしまう。
「象徴天皇の務めが常に途切れることなく、安定的に続いていくのとをひとえに念じ、ここに私の気持ちをお話いたしました。」

天皇陛下の表明動画の最後の部分の言葉。
「否!」の割合は全くないが、どうもまだ生前退位GOと言えない。
しかし、天皇陛下の象徴的な行為という「現地に行く」というのはマストなのだろうか。僕はこの動画で天皇陛下のお気持ちが届いた。

天皇陛下のお言葉であれば動画でも十分に思えた。


You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です