〈歌舞伎町の本格中華料理〉上海小吃@新宿


アジアン料理は、本格であればあるほど、油でお腹を壊しそうであまり好んで選ばないのだけど、また中華は辛かったり、たまにパクチーが入っていたり、と嫌いな要素が入っていて避けがちだった。

ただ人の好奇心はたまに嫌いという先入観を超える瞬間があると思っていて、その瞬間がきた時があって、本格中華を食いたい!と思って、検索しようとしたけど、前に新宿三丁目のバーのマスターに「上海小吃という店は本格、おすすめ」と言われたことを思い出して予約の電話をした。

おのま「予約いいですか」

店員「(中国語…)はぁ?はい、いつ?何名?」

おのま「これから、4人入れますか?」

店員「いいよ、待ってる(プチ」

プープープー
初めて予約の電話で名前を言わなかった。何か中国ぽい感じがした。

で、店に行った。


無料案内所が密集している歌舞伎町の片隅にこんな通路があって、ここが入り口。なんか本格。 店員に日本人はいないと思う。何回か行ってるけど、日本人にあったことはない。

で、料理はどうか。


まず、青島ビールで乾杯。「青島がさー」みたいな会話をしていると、なぜか注文に入れられて運ばれてくる時もあるが、お愛嬌。

で、やっぱり、豆腐。ここの豆腐はまじ美味い。塩味が最高。ご飯代わり。

 肉とにんにくの芽とインゲンの炒め物。これは、早く行くとハッピーアワーで半額になる。凄く美味しい。日本の味付けではない、本格感ある。


一番大好きな麻婆豆腐。この麻婆豆腐を揚げパンを浸して食べる。本当に美味しい。麻婆豆腐は少し辛い程度。

 焼き餃子。ニラ多目で、肉が独特の風味。日本の餃子好きの人にとっては割と餃子の新種に感じると思う。


春雨の鍋。この絶妙な辛さはやみつきになる。おすすめ。この味を家でつくりたい。

こんな感じで、日本では味わえない味が楽しめるし、美味しい。歌舞伎町が嫌いな人を連れていって、歌舞伎町を好きになってもらうための施策として、機能させてるけど、あまり人気が出ないようにしたい。
お店: 上海小吃

 


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です