多摩美の学生による「みとめ展」に行ってきた


渋谷駅を降りて渋谷のマークシティに沿って歩いて3分くらいだろうか、富士商事ビル4階、Gallery Conceal Shibuyaにて、多摩美術大学グラフィックデザイン学科の新2年生有志35人による「みとめ展」が行われている。

この学科の同期は190人くらいとのことで、そこから有志35人と考えると20パーセントを切るくらいで、あれれ?というか、仲良いの?と少し心配になる割合だけど個展を行う上で35というのはかなり良い数字かと、実際に見て思った。

 

開催初日、諸々のイベントが終わり、閉まる20分前に滑り込んだ。

 

image

 

23時までやっているのが嬉しいし、実はこの会場を出たのは23:15過ぎ‥(内緒

 

全部ではないが、少し気になったものを載せて行く(一応許可済

 

 

 

image

 

迷路系アート。Twitterの吉川迷路さん的だが、この作品には昭和の漫画感があって、別物と捉えた。

 

 

 

image

 

この作品は近くで見ることをオススメしたい。

 

image

 

素敵な目元。作者本人のものとのこと。

 

image image

 

鏡に映る自分を見て「いいね!」という意味で指に朱肉をつけて鏡の周りに押すというインタラクティブアート。女子2人がたくさん押してました。

 

image

 

Tシャツ型のアート。ピンクのTシャツのハートは割れているが、肥満型の人が着るとお腹のシワで上手い具合にハートがくっ付きしっかりしたハート型になるという。他にも脇汗があってTシャツのデザインが成立するというような面白いものもあった。

 

image

 

スクエアに絵と文字ゾーンが綺麗にレイアウト。色合いも好き。

 

image

 

顔が可愛らしい。本人の顔らしい、要チェックと思いながら、本人の耳はどのくらいの大きさなんだろうとそればかり思っていた。上、中央に濃い青がかたまっているの意図が知りたい。

 

image

 

パズル型アート。

 

image

 

こういう闇がある感じは美大生だな!って‥。

 

image

 

付けまつ毛。売り場?アート?

 

image

 

闇系‥?

 

image

 

作者本人を描いたよう。全体のバランスが素敵。失敗が積もってるようだが、素敵な色の失敗で羨ましい。

 

image

 

惚れ惚れした眼を向ける同窓生。

 

image

 

グレーが好きなので一応記録。

 

image image

 

こういうトーンが多摩美の学生に多い印象。

 

image

 

こんなにカラフルのあるかな、実際。一つだと気持ち悪いけど、集合するとアートに。

 

image

 

フラッシュで撮影すると‥

 

image

 

文字が浮かび上がる。

 

image

 

同じくフラッシュで撮影すると‥

 

image

 

文字などが出てくる。

 

image image

 

素敵な名刺。

 

 

 

image

 

ライブペイント‥?

 

image

 

すごく楽しかったのだが、急ぎで回って漏れ過ぎてると思う‥会期中にまた見たい。

 

 

 

 


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です