【スペイン1人旅行】ただただスペイン旅行について書いていく


高校時代に「大学どうしよ」と思って周りの友達に「大学どうする?」と聞いてみると「建築学科に行こうと思ってる」という人が周りに多くいて、と言っても消去法の末に理系にいたからというのもあるのだが、そんな感じで建築学科志望に囲まれて生活してきた。そんな感じで生活していたので不思議とマインドまで支配されて、というか、「建築ってなんだろう」と思い出して、その答えは外に出たり、有名な建築家名を検索すれば出てくるわけで、たくさんの建築というか、建物に触れていた。
アントニ ガウディというスペインの建築家の建築について書かれた本が多くて、「よくわからないけど、ガウディさんって凄いんだなぁ」と思いながら、ガウディさんがつくられた建築を印刷されたもので見て、「こんなのが日本にあったら景観的にどうなんだろうなぁ」とか「こんなにふにゃふにゃしたデザインをどう図面に落としていたんだ?そもそも力学的な計算とかあると思うのだがそういうのはクリアしてるのか?」みたいなことを考えていて、徐々に頭がガウディさんに支配されていく。
結果的に建築からは逸れたが社会環境工学科という建設系の学科に入る。そこでもガウディさんの話は度々聞いて、「やっぱりガウディさんなのか」と改めて思った。
けど何が凄いのか、わからなかった。隈研吾さんとか槇文彦さんとか安藤忠雄さんとかの〝今風〟というかコンセプトの分かりやすさが見えるデザインに何となく美しさを感じていたので、ガウディさんの遊び心なデザインにインパクトは感じていたものの、「で、これは何だっけ?」とそうなっていた。高校生の時のことである。ただ建築には芸術という側面があることを知って、パトロンという人の存在も知って、「芸術作品として見たら確かに」とそう思った。で、そんな芸術作品的なものに、人が住む、移動するという機能を含めるという効率の逆を行くというか、遊び心に寄せた力学に凄みを感じたというか、黄金比の説明でガウディさんの曲線的なデザインがはめ込まれていたのを見て、ふにゃふにゃしたデザインは遊び心だけじゃなくて、超絶に計算されてデザインされたものなんだと徐々にに気が付き出して「いつか、スペインのバルセロナに行ってガウディさんの建築を見てみたいなぁ」と思ったというか、建築の本当の凄さは写真や図面からじゃなくて実際にその建築のなかにいた時にわかるものだと思うので、そんな気持ちを抱いた時からかなりの時差はあるが、スペインのバルセロナに向けて、今1人トランジット中でDohaにいる。

—–

FCバルセロナのユニフォームの胸には今、「QATAR」と書かれている。カタール航空のことである。なので、今回はDoha経由でカタール航空を利用した。
機内の出発前の緊急避難の説明ビデオは、FCバルセロナの選手が登場していて離陸前に2回流れた。成田からDohaで2回、DohaからBarcelonaで2回、計4回見た。成田の1回で十分であった。
行きの成田からDoha便は満席で、エコノミークラスの中央の真ん中の席で「両サイドがでかい人だったら嫌だなぁ」と思っていたら、左はスーツ姿日本人男性、右は60歳くらいの女性であった。不安からは外れて良かった。

あまりに機内が暑いので「暑い…」と声を漏らすと左のスーツ姿の日本人男性が「ずっとこの暑さなんですかね…」と不安をお互いに共有した。そこから会話が弾み、お互いのこの飛行機に乗る経緯や家族の話などをした。その男性は、現在建設系の会社のサラリーマンでこの度家族を日本においてDohaに赴任するという。子供が中学生と微妙なお年頃で日本に置いたという。小学生の小さい頃だったら家族みんなで…とか「だったら…」話を入れつつそんな今の不安を話した。僕は単なる一人旅のしかも経由地のDohaなのだが、この男性にとっては少なくとも3年は仕事の場となる。一緒の場所にいて、全然違う心境なんだろうなぁと思いながら、その男性と僕は一緒の心持ちであるような様子で、会話をし続けた。多分2時間くらい…。一度料理が運ばれて食べ終わった頃である。「それでは1回休みましょうか」と何となく続く会話を日本時間に合わせて睡眠をとるという理由で会話を終えて、僕はまだ起きていたかったというか、機内で見られる映画リストを覗きたく、眠れない様子を演じた末にリモコンをいじった。リモコンに不慣れでやや苦戦していたように思う。映像が流れるディスプレイはタッチパネルであるのに、リモコンはコードで繋がっている。そのコードの収め方がわからず、リモコンをしまわずプラプラぶら下げていた。すると右の60歳くらいの女性が「一度引くと勝手に戻るのよ」と教えてくれてだらしのないリモコンが綺麗に元通りになった。それから自然にその女性と会話が始まった。

その女性は、これからケニア、タンザニアに行くという。そうアフリカ。目的はキリマンジャロに登るという。趣味で登山をしていて昨年はスイスのアルプスを登ったという。海外に登山に行くという世界の果てまでイッテQのようなそんな罰ゲーム的なものを60歳くらいの女性が自主的に向かっている現実に驚いて趣味のレベルを超えている思ったが、当の本人はケロリとした様子であった。その女性は韓国料理で出てくる金属の箸を使うと吐き気がするなど、色々と弱い部分がある様子であるのに、これからアフリカに登山に行く…色々なところに見えるギャップを感じて、人間は不思議な生き物だ…と改めて思ったというか「一貫する」という話すとか伝えるとか色々な時に重要なポイントは実はその人個人の事を語る上では邪魔なポイントでしかないというか矛盾点を挙げることこそが個人を紹介する上では有効かもしれないと、全く意味のないことを考えながら、Dohaまでの11時間のフライトのなかの7時間くらいは、両サイドの方との会話に使い、それはそれで楽しかったのだが、寝るということを忘れていたので、1人Dohaにいる時は相当の眠さと戦い、Barcelona便を待った。
Barcelona便では窓際の席で、隣は誰もいなかった。ゆったりである。DohaからBarcelonaに向けて飛び立つともうそこは砂漠のようなそんな景色が広がる。まだ誰もそこに足を踏み入れたことがないような、綺麗に風によって自然につけられた砂の模様が見える。たまに幾何学的人工的な模様も見えて、そこは人間が何かしたところだとわかるものの基本的には砂漠である。砂漠だからか、雲は1つない。ずっと広がる砂漠。…4時間くらい経つと雲が現れて陸はあまり見えない。たまに青いものが見える。あれは海か。遠くに見える雲をゆっくりと抜かしていく。この連続でいつの間にか目的地に到着する普通のなかの不思議さ。そんな変なことを38,000ftの位置で考えていて人は高いところにいちゃいけないんだなぁ…外はマイナス50°Cということでそこで頭を冷やさないといけないレベルだなぁ…と思い、そういえばタワーマンションで30階以上の人は何かの症状で死にやすいとかそんな記事を思い出した。
スペインのことはまだ何も書いていないのだが、次の記事からスペイン編ということで。ここまで読んでくださった方、時間の無駄スマヌ。そしてありがとうございました。


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です