山科ティナの #アルファベット乳 って知ってる?


 

 

「ティナ」と言えば、

僕らの世代でいうと柚木ティナだと思う。

柚木ティナさんは、オトコならわかる系の女優さんで、今はRioという名前で活動されている。

 

 

とても綺麗な方ですよね…

僕は柚木ティナさんがうる覚えだが親がポルトガル人でポルトガル語が少し話せるという理由で、ポルトガルの隣のスペイン語を大学時代に第三外国語で選んだ記憶があるし、「だったら普通ポルトガル語を選ぶだろ!」ってツッコミを入れられるくらい冷静な判断をさせない可愛さ…それくらい自分の中でインパクトがあった人物、それが柚木ティナさんなのだ。

 

 

というか、まったく本題でない。

 

 

最近、そんな「ティナ」という名前に新しい人物が加えられた。

 

玉城ティナ…

 

 

は一旦とばして、山科ティナさんである。

 

 

多摩美術大学に通う女子大生…でありながら、漫画家としての顔をもっているようである。

 

LINEギフトのプロモーションとしての漫画 プレゼントハラスメント はWEBユーザを楽しませながら、LINEギフトというサービスを理解させていたように思う。

 

image

 

少しだけだが内容はこんな感じ…

 

image

 

 

ホリエモンさんも絶賛しているようだ。

 

 

で、このプレゼントハラスメントは…

 

 

テレビでもドラマとして実写化もされており、コンテンツがWEBから拡がる感じが、消耗されるイメージがあるWEBのコンテンツに明るい光が射しているようで、素晴らしいと思った。

 

そんな山科ティナさんが、Twitter上で展開している #アルファベット乳 というコンテンツを展開している。

 

Twitterでは、1つのツイートに4枚まで画像を添付することができる。

 

その画像をフルに使い、AカップからZカップまでの女の子の物語を漫画で表現している。

まだ完結していず…今はHカップまで。

 

少し見てみよう。

 

 

まずはAカップ。

 

 

アレがとれるという驚きのエピソード…。

確かにアレはカサブタのような色してるよな…。

 

 

次はBカップ

 

パット詐欺…好きになることにあまり胸の大きさが関係してないのだが、胸が大きいとムラムラするし…ね…アテンションというか…

けど、パット詐欺ごめんね…って女の子から言われたら何か抱きしたくなる…そんな気持ちになった。

 

 

次はCカップ

 

 

 

そうなんだよ…大き過ぎてもダメなんだよ…Cぐらいが良い!!って何様なんだよ、って自分に思う。

 

 

次はDカップ

 

 

そうそう…無意識に胸ばっか見てしまうのが、Dカップ以降で。

 

 

次はEカップ

 

 

石原さとみが家きたら…そんなことを考えながら読むと更に胸キュンというかビンビンしてくる。女性の白いワイシャツは本当に好きで、遡ると松浦亜弥の桃色片思いのPV…。

 

次はFカップ

 

 

乳にこんな機能があったのかと驚き。飛行機に乗るときに、僕の枕になってほしい。

 

 

次はGカップ

 

池田エライザ…高校生だからね…

 

 

次はiカップ

 

更にHカップに続く…

 

 

 

保健室に男の先生いるの!?

女性じゃないと保健室の人になれないんじゃないの!?

そんな進路もあったのか…羨ましい…山科リョウ先生…。

 

こんな感じで展開されている。

 

WEBサイトに飛ばすわけでなく、Twitter内で完結するから、すぐに読めてTwitter民としては嬉しい。

 

これからどんな展開になるか、とても楽しみである。

 

 

 


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です