Instagramの双子が可愛過ぎて #双子 #twins に最近いる件


Instagramなんて、キラキラした女子たちが自分をよりキラキラさせて見せびらかすようなそんなSNSだよね、と語られることがあるように感じてるけど、その感じるままに今まで使っていたような気がする。

 

例えば某イベントに参加すると、そこにはInstagramのロゴとそのイベントのオリジナル#(ハッシュタグ)がでかでかとパネルになんかに書いていたりして、そのオリジナル#(ハッシュタグ)をタップすると、「あ、イベントにいた人だ」と確信犯的にさっきいた人=このInstagramアカウントと特定していて、その人のInstagramのページで親指を上にさらっと弾くと「これがカレシか」とか「あ、この人と繋がってるんだ」とかそうやって人の繋がりまで見え出して、余計な妄想を繰り返しつつ、Instagram外の、オフライン…居酒屋での「最近見たかわいい女性」のテーマのネタとして記憶にとどめる。

 

ただ最近、かわいい女性の話で、読モを挙げることに対して何か古いなぁと思っていて、純粋にInstagramは見たいものだけを見るもの、のような当たり前の役割に意識的にしているのだけど、基本的に読モしかフォローしていないので、今までとあまり変わらないようなInstagramのViewになっている。

 

ただ、たまたま流れてきたのか、 #twins  #双子 というハッシュタグにリーチして、軽い気持ちでタップしてなかを見てみると、双子の世界がそこにあって、読モという子どもと大人の間でゆらゆらした存在にあった人を見るのに近い感覚で、並んだたくさんの双子の赤ちゃん、幼い子どもを見ては、親の「これはかわいいだろ」という狙いを感じながらも、そんな親の意思なんか打ち消されるくらいの可愛さにただただ純粋に「かわいい」と唸りながら小さいスクエアをタップし、その #twins #双子 を付けた投稿の主のページに飛び、その双子の背景にある生活を想像していて、結局読モを見ていた頃と変わってないなぁと、自分の変態を認めるような、そんな気持ちになっている。

 

 

 

 

 

 

Boa noite com fofura 💕💕 #mae_festeira #newbornphotography #cute #twins #gemeas #maedegemeos By @leialauren

A post shared by Por Raquel Saunders (@mae_festeira) on

 

 

 

 

 


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です