凪の大忘年会が贅沢すぎた件 with地球少年


 

高校生の頃までラーメンは嫌いな食べ物だったのだが、大学に入ると周りが「ラーメンでいいよね?」と3回に1回は提案してくるので、YESマンの僕は「いいよ」と応えてラーメンを無理して食べていた。しかし不思議なことに無理して食べるとだんだん「無理」のパワーが減ってきて、ついにはネガだった気持ちがポジのゾーンまで入ってきて、ラーメンは好きな食べ物に変わった。それからは自分からもラーメンを積極的に提案するようになり週に2回以上、ラーメンを食べるようになった。

そんなラーメン好きになったわけであるが、リピートしてでも行くラーメン屋は限られる。そのラーメン屋の一つに、新宿ゴールデン街の「凪」がある。濃い煮干しのスープがやみつきになる。

 

今日はそんな凪の大忘年会に行ってきた。

 

image

 

場所は「男の大ごちそう」というお店。このお店は凪のグループ店。少し前まで、煮干しスープのうどん屋であったようだが、今はすごく安くてうまい定食屋になっていた。オムライスは600円とラーメン以外のメニューが格安で並んでいた。もう凪でないじゃん!と思わずツッコミながら驚きを隠す。

 

image

 

大忘年会のメニューが並ぶ。レギュラーのメニューとしては鳥カツ、竜田揚げ…などがあがるが、ほとんどが今日だけの限定メニュー。

 

 

 

 

image

 

凪の社長だけの都内の有名なラーメン屋のトップが顔を揃える。ラーメン好きの人であれば羨む空間である。

 

image

 

凪とムタヒロ コラボ チャーシュー盛り。

奥が凪で、手前がムタヒロのチャーシュー。贅沢な味比べである。ベースとなる肉はサイズ、厚さは違うが、根本的には似ているが、味付けで差を見せつけてくる。

 

image

 

煮干オイルサーディン。オリーブオイルとニンニクと唐辛子はわかるが、他に何か入っているのか?地球少年は今日一番美味い!と唸っていた一品。確かに美味しかった。

 

 

image

 

凪とムタヒロ コラボラーメン。エイとタコが出汁の珍しいラーメンで、スープはさっぱりしつつ甘さも強い。エイの甘さか、タコの甘さか。朝から食べられるような、そんなラーメンであった。レギュラーメニューになってほしい。

 

image

 

煮干大根。驚いたのは、スープ。だいたいスープというのは、ほのかに出汁の味がするものであるが、これは違う。スープも大根なのだ。そのまんま大根。すごく美味しかった。どうやったらこんなに大根を濃くスープにできるのか。

 

image

 

煮干温豆腐。セリの味が濃くこれまた驚くスープ。煮干しの黒さがスープにほのかに現れる。が、このほのかな黒さを煮干しで出すのは難しいと思うが、煮干しの粉末がまったくなく、これだけのスープ感を出しているのが不思議である。

 

image

 

鳥カツ。これで500円。お得すぎる。こってりしてそう…と思うも、さっぱり。お腹いっぱいになりかけでも大丈夫。

 

image

 

オムライス。チキンライスから他とは違う。トマトケチャップを使っているとしたらどこのものを使っているのか、オリジナルのトマトソースなのか、不明だが、トマトソースにコクがあるようなそんな上品さがあった。

 

image

 

コオロギラーメンぶりに地球少年、はるかさんに会った。そして今日は2人が付き合って1周年の記念日という。そんな日にご一緒して申し訳ないのだが、コオロギラーメンの裏話やこの前の無人島企画の話を聞いて楽しかった。

 

この2人を見ていると、これほど波長が合うカップルを見たことがないと思うくらい、お似合いと思い、すごく羨ましく思う。すごく自然に2人は一つの方向に流れる。簡単そうにみえてすごく難しい、寄り添い流れるという二人のコミュニケーションはずっと前に、この2人と一緒に凪に行った時以上にスムーズになっていて、この先、どんなになるのか気になる。それほど今の時点で完全にできあがっていると思う。本当に素敵なふたりだ。

 

素敵な時間であった。

 


You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です