〈絶品チキンライス※特にライス〉文東記@シンガポール


シンガポールと言ったら、何を連想するか。

マーライオンよりもチキンライスが頭に浮かぶ。だからシンガポールに行ったらまずチキンライスを食べたいと強く思っていて、しかも、店も指定で思っていて、その店の名前は、文東記 Boon Tong Kee で中心部から少し離れている店である。

シンガポールに着いたのは深夜で、寝て起きて、朝になってて、オーチャードに向かって、比較的レートが良いラッキープラザの地下で円をシンガポールドルにかえて、さぁ、ここからという感じ。

$1が83.6円とかそれくらい。

シンガポールに滞在するのは丸々3日。ちょうど、MRTとバスの乗り放題カードが、$30なので、それらの乗り物に乗るかどうかわからないけど買う。

文東記までは、MRTでは行けず、バスになる。ただバスが不安だったので、タクシーを利用することに。Balestier Rd.まで。

image

運転手は英語で気さくに話しかけてくる。文東記と伝えれば、チキンライスのね!と返ってくる。15分ほどで到着。ちょうど店の前だ。

 

image

店に入って、2人で白切鶏の$10とご飯2杯注文。5分ほどで出てくる。

image

もうね、待ってましたという感じ。こんな茹でた鶏肉。食べると、つるつるの舌触り、そして絶妙に柔らかい、酸味のあるタレがまた良し。

このチキンを食べながらご飯を。このご飯がまた美味い。鶏ダシで作られているようで、ご飯だけで十分食べられる。

ここは本当におすすめ。美味い。

理想的なチキンライスを食べて早速満足であった。

 

 

 

 

 


You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です