LINEの名前に「帝越」を付けて炎上


1万人を超すLINEグループがあるという記事を見て、「目的は!?」と思いながら、その記事を読み進めても目的がわからないまま読み終わり、するとどうなるか、「帝越」というテキストだけが頭に残った。

1万人LINEグループ→帝越→?

色々調べてもよく分からない。
ということで、何となく、LINEの名前に

「(帝越)」

と付けてみた。
もちろん、ネタの部分が大きい。

特に何もなく、いやいつも通り2日に一回くらい「電話番号で友達追加されました」と友達でも知り合いでもない人がフワッと上がってくる程度で、最近は名前に「(帝越)」を付けたことすら忘れていた。

仕事でLINEを使うことがないので、「(帝越)」を付けたのだが、当然仕事関係の方と電話番号を交換するので、芋蔓式にLINEまで繋がることになる。

ある時、電話番号を交換した時に、LINEアカウントがバレて、まず「(帝越)」についてのツッコミがLINEに入る、しかも何でかよく分からないがグループになって入っている。

そのグループのなかに、1万人を超すLINEグループの記事を読んだ「(帝越)」既知の人もいて、

「え、onomaさんはあのグループに入ってるんですか」

みたいに発展し、

「え、何?LINEグループで1万人とかあるの?」

みたいになる。面倒な展開だ。そうなるとあまりメッセージを送れない性格。だけど、質問は僕に向いている。

「その記事を読んで興味本位で「(帝越)」と付けてます」

と本当のことを返した。

「え、目的はなんですか?」

…面倒だ。「(帝越)」と付けなきゃ良かった。そもそも1万人のLINEグループで何ができるのか、どんなトークがされているのか、気になって、知りたくなって、1万人のLINEグループの目的を知るのが目的なわけで…面倒だ…。

「興味本位です」

面倒な気持ちが6文字を打つ。
「中高生が多いんですよね。そのLINEグループ」

「中高生が好きなんですか」

「そういうところたまに感じる」

「ロリか」

「捕まるなよ」

「何人とあったの?」

「会うんだ」

「こわ」

「援交」

…こんな感じで続くのだが、凄く下品な感じで、1万人のLINEグループよりも多分下品で、目的は曖昧だろう。厄介なのは、リアルにもこのネタは引っ張られるところで、面倒は加速する。

そもそもLINEグループには、当初はそのLINEグループ名にちなんだ目的があったのに、紆余曲折あり生まれては消え、また再生しては消えを繰り返す、その度にトピックは変わる。
目的はないのだ、強いて言うと、〝繋がりを維持する〟ことに尽きるのではないか。

物凄くシンプルなのだけど、連絡しやすい環境、自分が困った時に助けてくれる環境がLINEグループというそれぞれの世界になるような、LINEグループは、薄い繋がりのなかでも、「あの繋がり」みたいなカテゴリというかフォルダというか、そんな検索しやすいというか、覚えやすいフックなのではないか。

何人も「すずき」がいる。
何人も「ゆーか」がいる。

彼らを正確に記憶することはできないけど、LINEグループで雰囲気を掴むことはできる。

多分そんなものなのだろうけど、1万人いたら、どんな感じなのか…やっぱりその世界はわからない。

そして、上でLINEグループは繋がりを維持すると言ったが、LINEグループにより、壊れた友情もあるだろう。

そう考えると、人間性を判別する濾過装置だな。


You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です