ポケットティッシュの季節


最近鼻水…誠に不快な話だ。ただシルバーウィークを過ぎると本格的な秋が到来し、あっという間に夜は何かを羽織らないと震えるような、今、まさにそんな状況で、震えるだけではだいたい間に合わないくらいの寒さで、人間の〝震える〟術の意味を問うてしまうくらい。震えが寒気をより寒くしているようにさえ思う。そんな変なことを考えるのもまた秋である。

シルバーウィークが終わると、街で配られるチラシの多くが、ポケットティッシュに内包したチラシに変わる。〝おもてなし〟という言葉が、東京が2020年のオリンピック招致に努めていた時に流行ったが、何が〝おもてなし〟なのか、改めて考えると、滝川クリステルしか思い出せない、招致メンバーはみんな讃えられたが、それからみんな祟られたようになって、〝おもてなし〟という言葉にきっと入っているような〝人を思う心〟がなくなったようなそんな結果ばかりが起こっていることまで、リンクして萎える、そんな〝おもてなし〟。

何よりの〝おもてなし〟は街で配られるポケットティッシュだと思う。鼻水が出る季節を先回りして、配る、これはおもてなし。だから、今の季節が大好きだ。

ポケットティッシュの季節。

今日だけで、8個もポケットティッシュをもらったよ。ありがとうございます。


You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です