インディーゲームが面白い〜東京ゲームショーに行って思ったこと〜


スマホでもゲームはほとんどやらない。理由はやったらハマることが見えているからで、中毒性をもった最近のゲームにUXな意味でリスペクトしているけど、ほとんどやらないから、UXなポイントは語れないという…リスペクトしてねぇじゃん、と、そんなツッコミがきそうだが、「課金のゲームって本当にすごい」とか言ってる人に限ってそのジャンルのユーザーじゃないから、本当に薄っぺらい、厄介、というか呆れるというか、向き先は自分含めて。ただ、ゲームのフィールドがスマホに落ちてきて、いつでも、どこでもハイクオリティなゲームを楽しめる、というのは何となくわかる。小学生だった自分がそんな世界を知ったら何を思うだろうか、「ニンテンドー64を買って!」ではなくて「スマホ欲しい!」と親にせがむのだろうか。親にとっては難しい判断、なんて面倒な社会になったの。

image

東京ゲームショーに行ってきたが、ほとんどがスマホでできるゲーム。Play Station 4のゲームだって、Xperiaでプレイできるのだから、もうスマホでできないゲームがなくなってきた、そう思った。

image

僕はポケモンを楽しんだ小学時代にゲームボーイポケットの鮮明な黒と灰色の世界に感動を覚えていた世代の人間で、そんな電話とかチャットとかをメインに利用するデバイスにハイクオリティの映像が映る、という世界が、なんともまだ自分のなかに馴染まない…時代遅れというか、変な保守性が過去の技術革新を評価し続けていて、だったら今の技術を存分に楽しめ!評価できるだろ!とそう言い返すこともできるのだけど、あまりやらない。要はあまりゲームに時間を割こうという考えがないということと、ゲームをしたらハマることが目に見えているからで。

image imageimage image

大手がやるのは、ファイナルファンジー的な往年の名作を思い出させるような作品展開や、昔流行ったゲームに出てくるキャラクターがごった返した、所謂オールスターの格闘ゲーム展開だったり、リズムゲーム展開だったり、映像など、単純に「すげぇっ!」と思うのだけど、どこか馴染みや、分かりやすさ、とっかかりがあるものの制作をしている印象を受けた。〝アタル〟〝ヒットする〟要素を分かりやすく作る前に用意する、つまり通る企画を提案する…そんな風景が見えてきた、つまりマーケティングがつくるゲームの世界を見ている気持ちになった、ヒットするゲームをつくる方程式、きっとそんなものがあるのだろう。

image

だからか、インディーゲームエリアは面白かった。くだらねぇ!みたいな、失礼だがそんな愛おしくなるゲームを見て、実際にやってみて、ほっこりした。スマホアプリでなめこが流行ったがあれだって、真剣に向き合ったら「何このくそゲー」と思うのだろうが、向き合い方にユルさがある。作っている方は真剣だと思うが、そんなユルさがあるものが目立ったように思った。

image
インディーゲームの巨匠というか、そんな神的な立ち位置のエリックシャイーの24歳の頃の作品「アウターワールド」がtokyo otaku modeのブースで流れてて、友人が興奮していて「京都でね、エリックシャイーがね…」と話していたけど、全然良く意味がわからなかったのだけど、今もiOS版でそのゲームが体験できるようで、ゲームは繰り返し繰り返し、今の時代に即したかたちでプレイできるように、ただ映像の質は昔の世界観を残すように丁寧に丁寧につくられている。
そんな過去作品のリスペクトは、インディーゲーム全体に見られたように思った、というのは、インディーゲームは1人とか3人とかそれくらいの少人数のチームが作ったコアでマニアックなゲーム。

image

そんなゲームをつくる定番的なソフトは、3D映像をつくるのに適しているようなのだが、あえてPlay Station1レベルの映像に落として展開しているようで(それが技術的には大変なようなのだが)、こだわりというか、ゲームクリエイターが思う理想の映像レベルが実は〝あの頃〟と示されているようで、たくさん細々あるブースのそれぞれの脳みそにある理想が可視化されているようで、面白かったし、そこ(スーパーファミコン〜Play Station1時代)は僕と変わらないと思ったし、それはきっと僕と同じ時代を生きていたことを表しているようで、数年後、このインディーゲームゾーンの映像クオリティは、あえて下げることなく、上げに上げるみたいな、そんな風景を想像する。ここのブースから見えるゲームへの理想は、大手の変化を見るよりも、急激的に変化するような気がしてとても楽しみである、クリエイターの幼少期にどんなゲームを楽しんできたか、そこの映し鏡になるような、そんな印象を受けた。

unityというあらゆるゲーム機やPCに対応して統合して開発が進められるゲームエンジンがインディーゲームの開発をサポートし、SONYがインディーゲームを販路を広げる。いたるところに〝PS ❤︎ Indies〟のフラッグ。

image image image image image image image image

映像クオリティは行くところまで行ったように思えるが、Play Station VRに見られるようなオキュラスリフト活用し、リアルな体験をユーザーに与える方向でゲームが進み出している、勿論インディーゲームゾーンにもオキュラスリフトはあるし、そのゲームにあったコントローラーまで開発され体験寄りのゲームの個性が光っていた。

オキュラスリフトや面白いコントローラーの先に、どんなゲーム周りのツールが出るのか、全く想像がつかない。〝行くところまで行った〟と思って思考停止している状態な自分がいかにクリエイティビティがないか、露呈しているようで情けないが、本当に先が読めない。だからこそ、これからのゲームの世界が気になって仕方がない。そんなことを言う前にプレイしないと。

東京ゲームショー、楽しかった。来年はどう変わっているか。


You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です