AKBのじゃんけん大会から見えるもの


image

毎年、AKBのじゃんけん大会が行われている。最近だとテレビの放送などもあり、かなりの注目を集め、それこそ〝国民的〟アイドルといえる存在になっていたと思う。ランクインして名前を呼ばれたメンバーが投票してくれたファンに対するコメントが、アイドルとは思えない、というか、若いのにすごい!というような素晴らしい内容で、それらはテレビやネットのニュースで繰り返し流れた。

数年前、フライングゲットくらいか、その時の神セブンといわれる人のほとんどが抜けた、それだけでも、何となく過疎感を感じていた。

更に過疎感、というか、失速感を感じたのは、一昨日くらいにじゃんけん大会が終わっていた、ということに対してで、いつもみないようなAKBの人がサムネイルのニュースを、WEBでみて…もうテレビではやらないんだ、とそう思った。

流行り感、国民的感を感じさせたものは、それがなくなった瞬間に失速感を生む、あらゆるものは右肩上がりでないとダメなんだ、と思った出来事であった。


You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です