東京オリンピックのエンブレム問題で失った信頼を佐野さんはどう取り戻すか


ここ最近、どんどん進展する東京オリンピックのエンブレム問題。佐野さんがデザインしたエンブレムが取り下げられるかたちで、東京オリンピックのエンブレムデザインパクリ問題としては、一旦落ち着いたように思うが、東京オリンピックのエンブレム自体は白紙となり、ここからどうする?といった感じである。

ベルギーの美術館のロゴに似ている!とそのロゴをデザインした人に言われたところから始まり、東京オリンピックのエンブレム以外の佐野さんの仕事でパクリらしいデザインがある!とどんどんインターネット上で指摘され、佐野さんが謝罪。世の中的にこの辺りから「パクリ癖あるな」となり、指摘された東京オリンピックのエンブレムは実は修正案であり、原案が存在するといった事実が流れると、擁護組の多くも「もうだめだ」と、挙げ句の果てに佐野さんを否定し出す、個人的に予想もしない結果になった。

東京オリンピックのエンブレムの問題で、肝心のエンブレムは白紙になった。そして、佐野さんの信頼はなくなったに等しいと言えるように思う。今、佐野さんが関わったデザインの何かが世の中に出たとしたら、全くパクリでもなんでもないのに、「ここの部分が似ている!パクリだ!」もしくは「全く反省していない!」「こんな人に仕事を頼むなんて、ここの会社はなにを考えているんだ」とそんな反感が飛び交いそうである。

僕が大学生の頃、広告批評という広告雑誌を読んでいて、度々、広告批評に佐野さんは登場していた。NHKのトップランナーという今はなき番組のゲストでも佐野さんは出ていて、つまりそれは広告界のデザイナーのトップランナーとして出演していた。学生の頃の僕は、なんかすごいなぁ、かっこいいなぁ、とそんな風に思っていた。実際に広告会社に入り、本当にこの人すごいなぁと思った人でも広告界のなかでは全然名が知られていない、そんな状況のなかで、広告界のなかで名が知れている、というのは誰かのプッシュは勿論あれど、まずその人に実力がなければ、誰もプッシュできないわけで、評価の仕方はわからないけど佐野さんには広告界でトップクラスの実力があるとわかる。そんなトップクラスの人間の信頼が一気に無くなった、デザイナーとして最も注目される、最も誇れるオリンピックのエンブレムの仕事によって。

そんな広告界のトップランナーがこれで終わってしまってはとても勿体無いと思う。確かに悪い部分はあったが、これで終わってしまっては何となく、すごくもやもやが残る。「エンブレム」と聞き慣れない言葉を聞いた時、関連ワードとして「パクリ」が思い浮かぶ、これは本当に気持ちが悪い。東京オリンピックのエンブレムについて、もやもやを残したまま「新しいデザインを考えよう!」といくのはなんだか詰まるところがある。

佐野さんはこれからもデザインの世界で頑張ると表明していたが、世間は許すのか。見えない人たちに「反省しろ」「自粛しろ」と言われるかもしれない。何かデザインを世の中に出したら、「ここが似てないか」「全く反省してない、自粛しろよな」「こんな人に仕事を頼む会社は何を考えているんだ」そんな声が飛びそうで、確かにこれからどんなデザインを出していくのか、興味を持ってしまう、事故現場の映像を、これから何人も死ぬことが分かっている映像をドキドキしながら再生してしまうような悪い気持ちの興味である。

普通に考えたら、この炎上の熱が冷めるまで待つのだろう。

ただ、炎上というのは熱が冷めるのだろうか。いや熱はもう冷めているかもしれない。ただ次に炎上源で何かあった際、急速に熱せられて一気に炎上するのだと思う。ここでいう炎上というのは、物理現象でなく、時間が解決する現象では個人的にはないと思うから、炎上源で何かする以外、解決の余地がないように思う。

佐野さんは東京オリンピックのエンブレムの問題で失った信頼をどう取り戻すのか。

僕は、佐野さんが今回の騒動を経て、国民の否定的な声を浴びて、下された元エンブレムのデザインの何を修正するのか、とても見たいと思う。そしてワッ!!と驚かせて欲しいと思う。

東京オリンピックのエンブレムデザインのコンペは多分また仕切り直すのだろう。そのコンペに佐野さんが出て新エンブレムデザインで「佐野さんってこんなすごいデザインをするのか」と国民を唸らせたら、何かとてもハッピーエンドな気がするのだが。何より、今のモヤモヤは消える。

今、東京オリンピックの色々なものが白紙になって、このままでは東京オリンピック2020も白紙になるのでは?という不安もネタ的に生まれそうだが、白紙という最悪の自体になったエンブレムの問題で、その渦中にいた佐野さんからの反撃というか、攻めを見たい。

そのコンペに出す佐野さんのデザインはきっと、何とか委員会の方々にむけた、でなく、しっかり(まず)日本国民に向けたものになっているのだろう。こんなに批判を浴びたデザイナーはいるのだろうか、そのネガティヴな声を浴びた経験は「トラウマ」という言葉が表すレベルすら超えていそうであるが、火事場の馬鹿力は言い過ぎかもしれないが、そんな力でデザインコンペに向かった時、本当にすごい何かが生まれそうな気がしている。

僕は東京オリンピックのエンブレムの問題で失った信頼は、この東京オリンピックのエンブレムの問題でしか取り戻せないと思う。


You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です