IMAXは映画本編前に力をフルに発揮し過ぎる件


IMG_9512

IMAXが観られる映画館が増えてきて嬉しいし、IMAXは通常の2D、3Dと比較しても「おおっ!」と思える箇所が多い。

 

それは

  • ちゃんと3D
  • 映像に明るさを残したまま
  • メガネが軽い
  • (音は…やや良いかな?)

と言えるところで、これまでの3Dに思っていた不満

  • 映像が暗くなる
  • メガネが重くて頭が少し痛くなる

をきちんと解決してくれた点がありがたいと思っている。

 

まず、僕はIMAXは好きだし、どうせ映画を観るならIMAXで見たいなと思う、

 

 

のだけど、

 

映画館で本編が始まる前に

 

「IMAXの世界を体感ください」

 

と車に乗ったような映像が流れ、至る所から音がなり、ジェット機が通り、ピンが落ち…都度、「なんかすごいな」と思うのだけど、映画本編で、そんな待ちに待ったシーンはなく、音響面で、驚くマックスポイントは、その「IMAXの世界を体感ください」の部分だと個人的に思い、結果、「何かなぁ」というか、本編前に完全フルパワーを体験させるのに出落ち感というか、慣れを生じて、映画本編で驚けない、そんな弊害があるように思う。

 

また

「メガネを着用ください」

と指示が入り、その後、他の映画の予告が入る。ここで、「お、すげぇ」と映像に思い、またIMAX自体のプロモーション動画というか、映画までのカウントダウンというか、数字の周りを円が回りながら囲む、そんな動画が流れる。で、そこの3Dクオリティーがもっとも高くて、本編が始まると、その3Dクオリティーから下がっていき、また予告編含めて慣れが出てくるので、映画本編ではそんなに驚けない…

 

そんなことをIMAXに思っている。

 


You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です