映画「進撃の巨人」を観たけど石原さとみの演技により興醒めで全く駆逐されず


 
映画「進撃の巨人」を観てきた。今日は初日で満員。  
   
映画の前にもいたるところに進撃の巨人。ちなみにここは東宝シネマズ新宿。

  
ゴジラは特に変化はなく、巨人になってて欲しかった。

というわけで感想なのだが、ちょっと残念だったというか、何というか、僕は石原さとみが好きなんだけど、好きじゃない方面の石原さとみで、というか、あの役、石原さとみがやらなくても良いし、そもそもあの映画の切り取りに石原さとみの役は必要かな?と思うくらい、妙に別のトーンで、それが映画としてのお話に必要な要素なのかもしれないけど、それが必要というか、成功の方程式であれば、方程式に従い過ぎて柔軟に対応できない真面目だけど馬鹿な人みたいで、…なんか変な方向に話が進んだが、石原さとみが全体的に足を引っ張るかたちで、正直、進撃の巨人には興醒めしてしまった。

映画が始まった時、「お、オリジナルストーリーか!」とワクワクしていたのだが、というか漫画を読んだけど最初の方のストーリーが頭になく…勝手にオリジナル?と思ったのだけど、どうだったっけ。ただ、水原希子、ミカサがどこかの美容系のメーカーのCMで着てそうなナチュラルな装いが進撃の巨人の世界観にハマらなかった、つまり最初から何かが違ったのか。

映画は全体的にグレー。血も黒味がかる。うーん、なんだろ、なんか、映画なのに勿体無いと思ってしまって、結局何がどうなっているかわからなくなるということはありつつ、全体的にサラーっと抑揚なく過ぎていくというか、映画としての新しい進撃の巨人の見せ方がなかったように思って残念だった。

そしてエンディングで予告が流れて「テレビか!」ってツッコミ入れたくなった。これなら、後編みないよなぁ…だって、映像の質は前編でよくわかったし、ストーリー展開も読める、新しいものが期待できない…どうなんだろうなぁ。


You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です