〈凍った日本酒と梅酒、そしてレバーステーキが美味い店〉盛岡五郎@新宿三丁目


ビールはもともと苦手で、というか「ビールが美味しいと思ったら大人」と誰かが言っていたけど、ビールを美味しいと思ったのは、ススキノのキャバクラで、だけで、一向に大人化しない舌に悩んでいたけど、少しの協調性が仕事して「ビール以外の人?」と言われて、手を挙げずにビールを飲んでいる。ビールは苦手なのだが、お酒は酎ハイ、カクテルを中心に好きで、特に梅酒は大好物だ。

シャーベット状の凍った梅酒を提供する店があると聞いて昔からよく行ってたお店、居酒屋 盛岡五郎を紹介する。

新宿三丁目のnokishitaというパスタ屋の近くのビルの2階に盛岡五郎はある。

  
入口は大きな業務用の冷蔵庫のようだ。

  
ここのお店の好きなメニューを紹介する。

   
 
凍った梅酒。これは是非頼んで欲しい。シャーベット状に凍らせる技術が難しそうで、この凍った梅酒を出す店は都内に5店舗くらいしかないようだ。

  
まず五郎サラダ。ソースがカレーでほのかに辛いから食欲が一気に湧いてくる。

  
つくP。つくねをピーマンで食べる。ピーマンには塩がかかっていてその塩味とピーマンの微かな苦さが癖になるし、つくねの具の粗さが逆に良い歯応えを生んでいて、シンプルなようで、工夫がいくつも見える一品。

  
ガツ刺し。最高。言い表せられない。とにかく美味いし、ずっと食べていられる。 

 

ゆでタン。こんなに柔らかいタンは他にあるだろうか。

  
レバーステーキ。たまにしか出ないレアな一品。びっくりするくらい美味くて、これならレバーが嫌いな人でも食べられるのではないか、と思うくらい。

  
ふたえご。馬の肉。赤と白が半分半分、というお得感。
安くて美味しいからまた行きたくなる。食べログの点数は低いのだが、盛岡五郎みたいなお店があると、SNSの点数は信じられなくなる。食べログのせいで勿体無いことを今までしていたのかもしれない。

 

お店:盛岡五郎


You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です