〈手頃な値段で美味い肉を食べる〉焼肉ウルフ@池袋


焼肉を食べる時に「ここ!」って何となく数店はあるものの、次々に新しいお店が出てくる焼肉というジャンルであるから、新しい店を挟みつつ、好きな店も行くみたいな、そんな感じで焼肉店に向き合う。大学生の時は高田馬場の安安やゲンカヤにいってごはん大盛りで焼肉に食らいついていたが、今はスタンスが変わって、いかに焼肉で美味しく幸せな時間にするか、と、空腹な部分を勿体無い意識で捉えてしまって、当然の流れで失敗しない店選び、肉選びになるから、ヒアリングなどの事前の調査は当たり前になってくる。しかし、一方で街を歩いていて、何となく「ここ美味そう」という第六感もあるわけで、そういうお店に行くのはギャンブルだけど、別の楽しみも付加される、美味しかったら、すごく特別な気持ちになる。

今日行った店は友達がたまたま歩いていて気になったお店。池袋の焼肉ウルフだ。

  
池袋の駅から少し離れた場所にあるため、池袋感はあまりない。「よくこの通りを通ったな」と褒めるも、ヤバい自動販売機を求めて来たのかなとか友人に対して思ったが、目の焦点も合っていたし、大丈夫。そんな理由はどうでも良く、お店が美味いかどうかだ。

  
飲み物は高くない。こういう価格感で安心する。生潰しキウイサワーは甘くて美味しかったので、甘いのが好きな人にはおすすめ。グレープフルーツも美味かった。レモンは酸っぱくて好き嫌いがありそうだ。

  
食べ物は割とシンプル。ただ「ここだけ」とか「ウルフ」とかが頭に付いて、色々と気になってしまって…

   
定番のゴマキャベツを頼み(これは想像通り

 
天肉ルイベを注文。ルイベと言ったら、鮭を地中に埋めて…みたいな作り方で、鮭が牛の頬肉に替わったバージョンがこのメニュー。わさび醤油で頂くが、サシが程よく入っていて、後味として肉の脂による甘みが広がる、すごく上品な味である。

肉選びは迷い、オススメの4種盛りを注文。

  
奥のデカイ肉から時計周りで。常陸牛サーロイン→ランプ→ランボソ→ハラミ。

サシが少ない、ユッケに使われていたランプから頂く。超レアで食べる。何もつけずに食べる。美味しくて写真を撮り忘れてしまった。。とにかく柔らかくて美味い。脂分による食べ疲れはない。

  
ランボソ。これもレアで。うんうん、甘い、肉って甘いし、甘みが口の中で広がることを改めて教えてくれる。

ハラミ。とにかく分厚い。分厚いし、サシが多い、疲れるかなと思いきや、やっぱりハラミ、シャープに体内に入っていく。これも興奮して写真を撮り忘れた。

常陸牛サーロインは… 

 
まず一気に軽く焼く。注目は、網の上に網。少し炭から遠ざける、これがポイントとのこと。

これを切りながら3つの味で楽しむ。まずワサビのみを付けて。次に特製のレモンのたれ。最後にニンニク入りの特製焼肉たれ。サシは一番多く、脂で食欲落ちそうかなと思ったが、食べ方のバリエーションが上手く、全然疲れないし、何より食べいていて楽しい。こんなに一つの肉で楽しめるのかと教えてくれた。

まだ食べたい気持ちで…

  
壺を注文…なかは…

  
ハラミだ。

  
このハラミを網一面に広げる。タイヤのように肉に切れ込みが入る。これがウルフの所以だという。

この肉を焼き、最後に壺のたれをこれでもかと注ぎ、完成。意外に脂味を感じたが、さっき食べたハラミと違い炭火の風味が不思議なほどに口のなかに広がった。

肉をたくさん食べた。最後はさっぱりしたいと思い、冷麺へ。

   
一つをシェアしてくれる。これは本当に嬉しい。意外にやってくれる店は少ない。冷麺にしては麺は太い、スープの酸味は弱いが、不満ではなく、逆にそれが良くてスープを全部飲み切った。夏に嬉しい味だ。

こんな感じで、お店任せに割とメニューを選定したが、間違えはなかったし、常陸牛サーロインなど所々焼いてくれて、食べ方を勧めてくれた。こういうのは嬉しいし、また別の味を求めて行きたいと思った。

おすすめ4点盛りは、日によって肉の種類が違う。仕入れた肉のサシを見て、客の胃袋と舌を想像して、何の肉が良いか、その日に決めるようだ。そういうところが嬉しい。次に行った時は同じメニューを頼むだろう。どんな味に出会えるか、今から楽しみである。

お店:焼肉ウルフ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です