定額制音楽配信サービスのせいで好きな曲はもう生まれないんだろうな〜LINE MUSIC,AWA,Apple MUSICを使って思ったこと〜


LINE MUSICやAWA、Apple MUSICを比較する記事をよく見る。確かになぁと思う部分はたくさんあって勉強になるけど、音楽を聴く上で、途切れなくプレイさせることだと思うので、重くて落ちやすいAWAはちょっとなぁ、と思ったところである。UIはそれぞれいい面、悪い面はあって人それぞれな感じがあって、全部使ってドンと感想書くのはちょっと違うのかなと思っていて、それはそれぞれユーザー像が違うからで。今は、LINE MUSICもAWAもApple MUSICも日常的に使うサービスになっていて、恩恵を感じにくく、感覚が麻痺っているが、1年前の自分にこれらのサービスを使わせたら、ただただ驚くと思うし、喜ぶ反面「今まで買ったCDや、録音したMD、iTunesにいれた曲は?」と、自分の財産を憂う気持ちも込み上げる。それはそれ、これはこれ、と割り切ることはなかなかできず「これ買ったなぁ」と思いながら、無料(定額なのだが個別に課金されないという点で)で思い出の曲に浸る、何とも言えない気持ち。ただ、そういう気持ちが潜在的にでも常にあるのか、購入した曲以外の曲を中心に再生している、いや、今まで接触しづらかった洋楽などを中心に再生している、自分の興味の外にあったもの。「本当に聴かなくて良かったのか」を検証するために、ピンと来ないものを逆に再生している。「月曜の朝 通勤通学ソング」も選びやすい。

 

TSUTAYA的役割と曲の消化不良

ストリーミング形式の定額制音楽配信サービスは、今までTSUTAYAを利用していた気持ちで接している。「なんか、面白い曲はないかな」これである。TSUTAYAに行ってまで、わざわざ購入した曲は聴かない。聴き馴染みの曲や好きな曲を聴くのではなく、気になっていた曲、もしくは突然気になってしまった曲をTSUTAYAでは聴いていた。

定額制音楽配信サービスによって、曲に手を伸ばすハードルが下がった、というより、そもそももともと手を伸ばす必要のなかったもの、全く興味がなかった曲をふと聴いてしまうこともできるので、スーパーまるごと試食コーナーみたいな、試食だけで腹一杯にするスタンスそのものになってしまっていて、そうなると肥満が待っていて、ここで肥満というのは、消化不良のことで、曲に「雰囲気いいね!」と思っても、次の曲に進んで「あれ、どんな曲だったけ?」となることで、定額制音楽配信サービスから流れてくる曲が、たくさんの曲を聴こうとするあまり、ただ流れているだけで、自分の中で留まらないことを何となく感じている。

 

曲に対する好きは再生数に比例すると思う

完全に主観でしかないが、曲に対する好きは再生数に比例すると思っている。とにかく好きな曲はリピート再生しまくっていた。たくさん聴いていくなかで、色々な自分の生活シーンと重なって、ただの曲から自分の生活のBGMになっていく、こうやって曲が自分の人生に深く根をはっていっていた。

曲は、だいたいAメロ、Bメロ、サビ、ブリッジで組み立てられるが、短期間にたくさんの曲を聴くと、Aメロ、Bメロ、サビ、ブリッジがそれぞれどんなパーツか覚えられず、構造がバラバラになって、部分的にしか入ってこなくなる。そして部分的に「いいな」と思っても、本当に部分的だから、思い出すきっかけも少なく、思い出されないまま、通り過ぎる。

 

定額制音楽配信サービスのせいで、好きな曲はもう生まれないんだろうな

何回も、何回も聴かないと、曲は覚えられない。思い出せない。連ドラを見ていて、どんなに良い曲でも、初回で聴いたそのテーマ曲は、最終話で聴くそれとは、違う気持ちで向き合っていたと思う。12回聴いて、曲がすり込まれていくことは勿論、ドラマのシーンも重なって、音以外のイメージも一緒になって自分のなかに入ってくる。もう連ドラもきちんと12回、テーマ曲を聴くかと言われたらそれはノーで、基本タイムシフトだし、1分すら待てずに、早送り。毎回同じモノは削除対象で、音楽もだいたいは無視する。ぼやっと、「あのドラマの曲だった?たぶん」とそんな感じで、曖昧に。クリエイティブの上層にいる人たちが選曲して、売るために作られた曲が、その曲がはえるように作られた映像とともに流されるのに、無視される。今までたくさんの人が好きになった、曲を支援する連ドラの構造も、動画配信サービスなどのパワーもあって効きづらくなったと思う。

何回もその曲を聴く、という少し前まで当たり前にできていたことが、定額制音楽配信サービスによって、ナチュラルに難しくなっていて、また、連ドラもきちんとリアルタイムで見なくなって、毎回流れるテーマ曲はショートカット対象で、何回も同じ曲を聴く機会すらナチュラルに奪われて、好きな曲は生まれないんだろうな、と今、イヤホンから流れているどこかのアイドルの知らない曲を聴きながら思っている。でも、今、その知らない曲によって、気持ち、楽しんでいる。誰が歌ってるとか、どんなタイトルか、とか知らないけど、僕の耳を占領していて、僕を楽しませている。でもこの曲の行く末は、そのままふわっと余韻を残し、次の曲へ僕を見送ることで、なんか、なんか、考えただけでとても切ない気持ちになる。だけど、そんなことにもきっと慣れて、好きな曲、自体の考え方もきっと変わって、曲、というよりプレイリストが大事になって、なでしこジャパンのように、澤選手だけでなく、川澄選手や岩渕選手などの日本代表のチーム力のように複数の曲で雰囲気を作って、聴かれて、人を楽しませる、で、曲としては語られない…そんな雰囲気のものになっていくのかな。


You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です