【動画】湘南(茅ヶ崎)の海でボディーボードしたら、全身が唾液の乾いた臭いになった話


  
台風が日本列島付近に2つ。波乗り日和の今日、茅ヶ崎にボディーボードしに行った。毎回、鵠沼海岸なのだが、今回はあまり時間がなかったので、行きやすい茅ヶ崎。

  
  
 
波はこんな感じ。

久々の海だったため、数分で足が痛くなった。ただそんなの関係なしに、意外に短い夏、そして海にいられる貴重な時間を無駄にしないように、精子だった頃にどんな困難も突破していったような気持ちで、崩れた波にタックルしていく。ボディーボードの人は誰もいずサーファーのみ、心細いがだいたいボディーボードはこうなる。鵠沼海岸なら、ボディーボードエリアがあるから、嬉しい、サーファーと接触する心配がないからのびのび楽しめる。

そんな感じで、ただ次来る波のことだけを考えている時間が続く。こういう時間は本当に幸せ。ずっと続けばいいなぁとただただ思う、が、陽が傾いていく。贔屓なく太陽はどんどん傾く、どんなにテクノロジーが進化しても太陽の傾きはコントロールできない。地球の自転はコントロールできない。そんな感じで地球規模の想像をしてしまう、麻痺なのか、自然に考えてしまう。

海に入っている人は少ないが、浜にはたくさんいる。女子高生の集団は靴を脱ぎ靴下を脱ぎ裸足で海に浸る。家族で凧揚げ、カップルで犬の散歩、それぞれに海岸を楽しむ。

  
パラシュートをやる人も…飛べていなかった。

 
海から上がると全身が乾いた唾液のにおい。ピョンピョン飛び跳ねる小さい虫が手に付いても東京だとすごく嫌がるのに、海だと許容範囲内、全く気にしない。なのに、この乾いた唾液のにおいは本当に嫌で嫌で…なんなんだこれは、と思って、海を気にし出すと、変な泡の存在が見えてきて、あの泡はなんなんだ…どこかの工場の排水か…いや、ラブホテルの排水か…とか変なことを考えてしまって止まらない。泡は、湘南の海岸にはだいたいあって、だけど、いつもはそんなに変な臭いは残さない…しかし、今日の海は臭かった。この原因を突き止めたい。
しばらくは、茅ヶ崎の海には行かない。茅ヶ崎が綺麗な海だったらなぁ…

こんな臭いの不快を何とかすべくPlenty’s ice-creamのアイスを食べた。

  
美味しくて気持ちは癒えたが、臭いは消せず…アイス後も不快は続いた。茅ヶ崎の海よ、どうしたんだ。


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です