〈ど真ん中の美味しいカレー〉マサラハット(Masala Hut)@原宿


時々、カレーが食べたくなる。ただ食べたくなるのではない、無性に食べたくなる。カレーには中毒性を感じる。匂いでもう食べたくなるし、カレーの匂いはよく届く。カレー屋にチラシはいらないかもしれないと思うほどだ。

原宿に降り立ってカレーを食べるのは、マサラハットという店だ。

  
入口は若干狭い。

  
店内もやや狭く、20人くらいしか入れない。そして女性が多い。

  
初めて行く店では、2種類以上の味を試したい。Bセット以上でそれが叶えられる。BからCにランクを上げるとタンドリーチキンがつく。200円以下のランクアップ。上げるしかないだろう。Cを頼み、チキンカレーとマトンカレーを選択した。

  
サラダ。インドカレー屋さんのドレッシングって毎度この色だよなぁ。

  
ラッシー。カレーにはラッシー。食前にきて、カレー食う前に飲みきらないように注意した。

  
カレー。ナンは食べ放題。カレーの中のチキンとマトンの肉は大きく食べ応えがあり「タンドリーチキンいらなかったか」と思うほどであった。中辛を選択したが、ちょうど良い中辛具合。しっかり辛いけど食べられる。マトンカレーの臭みが好きだった。

  
タンドリーチキンとシークカバブ。これが200円切る額で食べられるのは奇跡。カレーの具でお腹がいっぱいになるが、レモンを少し絞ってらタンドリーチキン、シークカバブにかけると味がすっきりして、胃袋が広がる。こらは頼んだ方がいい。

昨日食べたのに、また今日もカレーを食べたい。タンドリーチキンも食べたい。きっとカレーが悪い。カレーは罪な食べ物だ。

お店:マサラハット


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です