〈茅ヶ崎北陵高校の近くの湘南ビールが飲めるオシャレなレストラン〉MOKICHI TRATTORIA@神奈川県茅ヶ崎


実家に帰って、諸々して、さぁ、メシだ、と思って、食べに行くことになって、近場で…オシャレで…美味しくて…と贅沢な希望を並べて、10分くらい車を走らせて、母校の茅ヶ崎北陵高校を通り過ぎたけど、もうそこには校舎はなくて、だけど、テニスコートやグラウンドは残っていて、小雨の中、野球部が一生懸命練習していて、青春だな!とか思って、ポカリスウェットよりはアクエリアスだったな、あの頃、とか思って、昔というか小学生だった頃に通っていた、湘南スイミングスクールが取り壊されて駐車場になっていて、その駐車場に車を止めた。

MOKICHI TRATTORIAというお店。

都内にはない感じで贅沢に土地を使う。

  

 

店内もオシャレ。裏の庭がテーブルから贅沢に見える。壁がガラスで自然光である程度明るい。夜はまた店の雰囲気も違うんだろう。

親戚も含めた新年会を隣の和のレストランで母と妹は既にここのエリアには来ていたが、僕は出張中で新年会に参加しないという無礼があって、ここのエリアには初めて来た。それもあり感動レベルの雰囲気。

メニューはこんな感じ。

イタリアンだけどかなり創作要素もある様子だ。

湘南ビールのメニューは別にある。

いくつか店員さんに色々と聞きながら気になったモノを頼んだ。

湘南ビールのピルスナー

僕は運転なので、ビールは控え、妹はお構いなしにピルスナーを注文。独特の苦味が良い、とのこと。

おつまみはピルスナー用のモルト、ここでしか味わえない。

チーズとろけるライスコロッケ

コロッケというか、新しいおにぎりと言える。中にはチキンライス、その更に中にはトロトロのチーズが入っているサプライズ。からりと揚げられていてサクサクで、トマトケチャップと辛子とも相性がよく、つけて食べるとより美味しかった。340円/個はかなり安いと思った。

蟹とサーモンのトマトクリームのパスタ

蟹のパスタはファミレスでもあるが、ファミレスは大体味が濃い。それももちろん美味しいが、ここのはファミレスに比べ、上品な方向で味が絶妙に薄い。ただフェットチーネでよく麺がソースに絡んで、十分の味。全てにきちんと理由があるような感じで、知的だった。1,480円は値段相応だと思う。

 

4種チーズのトレビスのクリームソースのリゾット

1,580円と少々高いと思うが、また見た目、的にもメニュー名的にもチーズのしつこさがありそうだが、そんなことはなく、丁度良い塩味でやみつきになる。3人で分けて丁度くらい。

 

フルーツトマトと燻製鴨のピッツァ

まずパンが良い、すごくモチモチしていて、パンだけでも十分に食べられる。あと燻製の鴨がこれまた美味い。1,780円だが、一度食べた方が良いと思った。

 

名物!豚バラ肉の湘南ビール煮

今回一番感動した、他の料理ももちろん美味かったのだが。シュヴァルツという黒ビールで煮込まれてるようだ。驚くぐらい柔らかく、合わせてご飯を食べたいというか、ソースだけでもご飯をいきたい。1,860円と高いが、これを頼まないと逆に損だと思うくらい。

 

酒粕風味の自家製ティラミス

ティラミスの下層に酒粕があって仄かに酒粕の風味がある。黒蜜は酸っぱく使いどころが明確にわからなかったが、ティラミス自体はとても美味しい。680円

 

最後に

高校を卒業してから10年が経つ。この10年で茅ヶ崎北陵周辺はかなり変わってしまっていて、それは青春時代が崩れたようで悲しいのではあるが、変わり方がオシャレで良い方向にベクトルが向いていて、それは幸せなことだと思ってきた。

ここのお店は料理が美味しいことはもちろん、店内の雰囲気が素晴らしい。鎌倉にありそうな感じだが、鎌倉にありそうなものがあっても良いと思うし、そこにいる料理人の姿が15人程度か、ずっと見える位置にいて安心感があったし、それはまず本物だと思うわけで。

あとレジのところで、湘南ビールを買える。この場所は、車でないと不便で、運転手は帰ってから飲みたいと思うわけで、僕もピルスナーを買った。

店を出るとオシャレなパン屋があった。酒粕を使ったようなメニューもあり、オリジナルな感じだ。

またokebaという建物があった。

  

ここは、展示スペースと雑貨スペースがあり、そこでは湘南エリアの作家の作品が売られている。

以前に撮影でご一緒した帽子作家の黒田真琴さんの作品も並んでいた。

地元がどんどんオシャレになっていて、僕は全然オシャレになっていないのだが、自分のことのように嬉しくなった。

 

お店:MOKICHI TRATTORIA

《追記:2015/05/04》

◼︎「浅利と若竹の天青風露蒸し」

  
大好きな酒蒸し。バターじゃなくてオリーブオイルを使っていて、竹の子を使うのもまた驚き。(1,280円)

◼︎「ドイツソーセージ」

  
ソーセージ美味い。美味い店はソーセージが美味い。ここは美味い店。程よく塩分がきいていて、肉がパンパンに詰まっている感じて噛むと肉汁がブシャーっと溢れる感覚がきちんとドイツのソーセージ。マスタードがまた美味い。オリジナルらしい(380円)

◼︎ピッツァ「湘南」

  
青海苔、ニンニク、チェリートマト、しらす、グラナパダーノ。この塩味がたまらなく美味い。青海苔がすごく効いてる。パン生地を先ほどの酒蒸しにつけると美味い(1,680円)

◼︎パスタ「バジリコの農園トマトソース」

  
トマトの甘さが全面に。麺はフィットチーネ(1,180円)

◼︎リゾット「湘南しらすと生ワカメのクリームソース」

  
この塩味もまた素晴らしい。お腹がいっぱいでも入る。(1,480円)

◼︎デザート「旬の果物のシャーベット」

  
濃厚オレンジ果汁のシャーベット。すっぱさもあり甘さもある。口直しに最適(530円)

◼︎デザート「熊澤酒造特製 酒粕アイス」

  
このバニラアイスはチーズっぽさもありなめらか。後味が少し酒粕。かなり好きな味、食感。(530円)


You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です