久々にマクドナルドに行ったらいつもの光景だったし、ヨーグルト味のマックシェイクが美味しかった


前にマクドナルドが好きな先輩がいて、夜遅くなりそうな時にマクドナルドに行って、マクドナルドのアプリクーポンを使ってよくビックマックを買って食べていた。あれから色々あって、マクドナルドが斜陽化した感じになって、その社会の影響を受けてか、僕もあまり行かなくなっていた。どんな環境下でハンバーガーが作られているかわからないし、そんなことを気にしたら何も美味しく食べられないと思って僕は僕の舌しか信じない、美味しかったら食べ続けるし、美味しくなかったら、もう食べない。マクドナルドはマックシェイクが好きだったし、昔、小学時代か、ベーコンポテトパイというピザのパイみたいなのがあって、それが大好きだったが、今はもうなく、アップルパイだけが残っている、ベーコンポテトパイを食べたい。

で、久々に、「30分、どっかで作業したい」と思ってマクドナルドに行った。

マックシェイクを頼んだ。100円だ、安い。ヨーグルト味、とても美味しいじゃないか。

 
こういうのを100円で出したら、自動販売機で缶ジュース買えなくなると思った。買うんだけど。

みんながスターバックスコーヒーとかドトールカフェのコップを持って打ち合わせに参加してるなかで、マックシェイクを持って参戦しようと思ったけど、よくよく考えてみると、なんか食いしん坊そうに見えてしまうなぁとか思ったし、シェイクだから溶けるよな、とか思ってすぐ飲んだ。

周りを見渡すと、夕方だったこともあって、女子高生が目立った。僕は高校時代、通学路に1軒コンビニがある程度で店という店はなかった、当然カラオケもない。そんな学生生活を過ごした、だから彼女たちを羨ましく思った(マクドナルドを居場所にすることに高校時代は憧れていた)し、昔と、というのは、大学時代にみた、マクドナルドと変わらないと思った。 昔と変わらない学生の居場所で、なんか少し安心した。


You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です