高層マンションから水入りペットポドルを投下した事件について思った事


  
高層マンションから水入りペットポドルが投下される事件が起こった。16歳の少年が逮捕されたとのことだが、とても身近で、こわい内容だと思った。

僕が通っていた中学校で、中身入りのパックの牛乳が3階以上から地上に投げ捨てられる事件が多発していて、昼休みなどに地上に叩きつけられたパックの残骸と、スプラトゥーンのようにコンクリートに白い液体が広範囲にわたって散らばっていた光景が思い出される。

今回の事件の犯人は16歳で、ただ水入りペットポドルを高層マンションから投げ捨てるというだけの誰でも起こせる殺人未遂事件で、もしかしたら殺人事件になっていたレベルで、これからは、高層マンション近辺には注意しないといけないと思ったし、よくよく考えてみると高層マンションが都内に高密度にあり過ぎて、高層マンションに接する道を歩かないといけないケースが多々あり、この事件のケースからは逃げられないと思ったし、これから高層マンションに対して、接道に関する規制がまた更に増えるのかもしれないと思ったしで、ますます生きづらくなるなぁと思った。


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です