〈2週間に1度は食べたくなるカレー〉デリー@銀座


学生時代はずっと実家暮らしで、ほぼ社会人になってから一人暮らしを始めたのだが、生活、というか、食生活面で、外食が当然増えたのであるが、実家暮らしの時も、まぁまぁ外食をしていたのであるが、決定的に違うのは、一人暮らしをして、外でカレーを食べる機会が増えたことだ。

当たり前に聞こえると思うが、違う。実家暮らしの時は、いつ家で夕飯にカレーが出るかわからないから、昼にカレーを選びづらかった。だから自然とカレーを外食で選ばない、そんなマインドがあったのだ。

ただ今、その選択を誤ったときちんと受け止めている。というのは、家のカレーと外食のカレーは全然異なるのだ。それを知ったのは、極端だが、社会人になってからだった。

社会人になって、色々なカレー店に行った。美味しいと思う店はたくさんあるが、2週間に1度は行きたいと思う店は少ない、なかなかお店を思い出さない。

そんな2週間に1度は食べたくなるカレー屋がある。それは銀座にあるデリーというお店だ。

ランチは安いので、それでも1000円は超えるのであるが、美味しいのでおすすめだ。

  
スペシャル的な個数限定のセットは大概無くなっていて、毎度、カレーランチのセットで、数あるカレーの種類のなかからデリーカレーとバターチキンカレー(+100円となる)を選び注文する。カレーランチは、1100円、バターチキンカレーなので、100円プラスになり、1200円である。

バターチキンカレーは定番な感じの味であるが、チキンがタンドリーチキン(ぽい?)で、バターチキンカレー全体として、いい感じで味の揺さぶりがあり、それが好きなのだ、ここのタンドリーチキンは美味しい。

デリーカレーは、スープ状。独特のスパイス、風味でやみつきになる味である。辛さはなく、辛いのが苦手な人でも問題ないと思うくらい。

そんな感じでデリー 銀座店にはたまに行く。

  
レジのところのお口直しは、苦手だが、デリーのカレーは本当に大好きだ。
お店:デリー 銀座店


You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です