ゆりかもめに乗っていつも思う事と心がけている事


  
日中にゆりかもめに乗る事が多々あり、そこで、地方の中学くらいの学生がキラキラと目を輝かせながら、僕とすれ違って、あんな学生時代あったよなぁ…とか、お台場、フジテレビに行ったのかなぁ、それとも船の科学館かなぁとか、初めての東京かなぁとか、たくさん思うわけなのだけど、今の僕もレインボーブリッジを渡る前、途中はゆりかもめに何度乗っても、「おおお」って窓の外を確認して、レインボーブリッジを渡る前にゆりかもめが一周する時のレインボーブリッジの見え方、スケール感を確認して、レインボーブリッジを渡っている途中は海の水面を眺め、だんだんと遠くなる港区の高層ビルを眺める。このままどこか遠くへ運んで行ってくれ、とか思いながら、目的地に着くのだが、帰りもゆりかもめに乗れる、と気持ちを高めて過ごすのが、きっと健康的だと思って、意識的に、その方向に脳みそを誘導することを心がけている。

  


You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です