【画像】コニカミノルタのソーシャルデザインアワード2015の様子をペタペタと紹介


今まで、エコ&アートアワードとして、エコロジーを伝えるアートの一般公募型のアワードだったのだが、今年からソーシャルデザインアワードと名前を変えて、それはエコロジーという枠組みを広くして、社会をよりよくするデザイン、アートを募っていた。

ソーシャルデザインアワードのサイトはこちら

凄く雑にで大変申し訳ないが、入賞していた作品をペタペタと画像を貼って紹介していく。

   
 

どこかで見たようなかたち、コンセプトであるが、どうだろう。

   

一瞬「何?」って思わせることをフックにするソーシャルデザイン。

     

ヒストグラム、アイコン開発。これもソーシャルデザインだ。

   
     

模型があってわかりやすいし、雇用は重要なソーシャルデザインの一つであることにも気が付ける。

   
  

これはよくわからなかった。

破壊されたものから、物事の歴史を読み解く。  

  

落ちている手袋にストーリーを加える視点。

  

これもよくわからない。

  

視点からデザインへの落とし方が面白いというか不思議なソーシャルデザイン。

    

捨てたくないものの処理についてのソーシャルデザイン。

    

データを活用したのは意外にこれだけ?

   

プロダクトが何ともかわいい。

   

3Dをこうデザインするか、という視点のソーシャルデザイン。

  

これはデザイン寄りだけど、容疑者側の気持ちを考慮するというソーシャルデザイン。

  

SFCの学生の振動発電では?

  

これが好きだった。電柱を家にするソーシャルデザイン。既存のものにオプションとして付ける発想が面白い。

  

空間を分断する壁がコミュニケーションを生む場になるという視点。立派なソーシャルデザインだと思った。

    

こうなる。

   
ゴミになる紙を食べ物にして資源を無駄にしないというソーシャルデザイン。

 

かわいらしい。

   
 
無駄な材料をつくらないソーシャルデザイン。完璧なものとはなんだろうか。

   
見慣れさせない、収納という視点。立派なソーシャルデザインだと思った。

 傘を無駄にしないソーシャルデザイン。

   
       紙の可能性を提示するソーシャルデザイン。

   
 
野良猫に愛情を向けたソーシャルデザイン。

   
お父さんと子供を繋ぐソーシャルデザイン。

 
  
視覚障害の方の色彩感覚支援のためのソーシャルデザイン。

   
  

迷いがなくなる街のサインシステムというソーシャルデザイン提案。

 

広告が綺麗な街をつくる視点をもったソーシャルデザイン提案。

   
  

自然の力で自然を綺麗にするというソーシャルデザイン。

   

コミュニケーションをつくるシンプルなソーシャルデザイン。

  
お年寄りの交通に目を向けたソーシャルデザイン。

   
日常をより過ごしやすくするソーシャルデザイン。

  

瓦に目を向けたソーシャルデザイン。

   
カーテンを寄せるに目を向けた空間を面白くするソーシャルデザイン。

毎年楽しみなアワードの一つ。来年も楽しみ。


You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です