SNSで見る中村アンのあの風が吹いたような表情が苦手


正午過ぎ、起きてから、もう8時間以上経っていて、無駄に朝早く起きてしまって、起きてからずっと、先週、今週から始まったドラマをひたすら見ていて、「アルジャーノンに花束を」はユースケサンタマリアが主役だった時と比べて、なんか色々設定違うなぁ、そこが見所か?と思ったり、「ようこそ、わが家へ」はサスペンスで、久々に見たい感じ!しかも高円寺で撮影ってことは少し純な感じに戻った沢尻エリカが見れるかも…な感じで、「心がポキっとね」は、ストーリーも演習も舞台みたいな感じで良い!と思ったり、その他諸々…と楽しみな作品が多い感じであるが、今眠くて、時間の使い方を間違えたと少し後悔した。

テレビ含めた動画を見てる時、iPhoneもしくはiPadでTwitterもしくはInstagramを見ているのだが、当然そこには、自分の意思でフォローした人の発信した何かが流れてくるのだが、中村アンの投稿が高頻度で目に止まって、なんというか最近、あの風に吹かれたような、髪が巻き上げられて、目が斜め上方向を向いて、笑顔で、という、金持ちでバラ色な雰囲気に対して、なんというか、ちょっとしたイラつきみたいなものを感じでしまって、けど、テレビ番組や雑誌、競輪のCMで見る中村アンは、それはそれは好きなのだけど、SNSでは、その輝きが、容量でいうと、KBでもなく、MBでもなく、TBくらいな感じで、つい見てしまうと、自分が重い気持ちになってしまう。多分、今の自分と対照的なキラキラした部分を感じるからなのだろう。

中村アンにとっては迷惑な話であるが、中村アンは、SD画質NGのHD画質のみOKみたいな、そんな感じというか、SD画質でもHD画質で見えてしまうような、それは嬉しい方向なのだが、前にポケモンの放送であったような、光が眩しくて体調崩す、みたいな、一種のそんな症状に近いものが最近あるのだが、中村アンは何も悪くない、けど、最近思った事として、ここに記す。

 

 


You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です