〈美味すぎる!オシャレな味噌ラーメン〉麺 藏藏@栃木県宇都宮


餃子の街として知られる栃木県宇都宮市。勿論、餃子の街として有名だから、みんみんや正嗣(まさし)に行こうもんなら、1時間くらいの行列が出来ているわけで、それなりに「まじか…」とダメージを受けるし、どこか「宇都宮にこんなに人がいたのか」と、宇都宮の集客力をなめていた事に気がつく。しかし、みんみんで食べる餃子は、THE 餃子!で、「これこれ!」と頷ける感じで、ただその頷きは、ド定番感な感じで、想像を超えるものではなく、ただ何というか、いや、それが一番難しいと思うのだが、素材の旨みを活かした餃子で、コルとかテクニカルとかそういう次元の評価にはまずない。

こんな印象をみんみんや正嗣(まさし)、めんめんの餃子をはしごして食べて思っていて、途中行った喜連川早乙女温泉のなかでもそんな事を考えていて、考えていたらいつの間にかに90分経ってしまって、「まずいまずい…」と思って、「帰り何食おう」と相方と話し合い、たまたま食べログで4を超えるラーメン屋を発見し、そこに行く事にした。そこが、麺 藏藏だ。名前は聞いた事があったが行った事はなかったし、宇都宮と聞いても餃子しか思い浮かばなかった。

  
住宅街のなかを車で走り「こんな所にラーメン屋があるのかよ」と不安に思ったところでその店は現れる。

  
ラーメン屋というより、和を基調とした創作料理を出すような高級料理店の佇まい。ロゴは丼が2つあるような感じ。

店に入ると…

  
これは凄い…食べログで、2009年、2011年、2013年、2014年にベストラーメンに選ばれている証が壁に飾られる。とんでもない店だ。(2010年、2012年に何があったのか気になった…)それなのに、18時頃にこの店に着いて、行列は出来ていたが、15分くらいでお店に入る事ができた。

   
 

内装は見ての通り、暖簾が見えるけど、フライパンも見える、ラーメン屋か?と思うくらいの高級感、創作感が漂う。

 
テイッシュケースもまたオシャレだ。 

   
 メニューは、みそ、しょうゆ、しおラーメンに加え、その味のつけ麺、またバジルの味噌もある。

メニューの一番上にあるのが、この店のおすすめと捉えて、みそらぁめんの味付けたまご付き、つまり、みそたま(大盛り)を注文。

  
頼んで10分程度で運ばれてくる。大きなチャーシューの下に玉ねぎやもやしなどの野菜が隠れている。また平らな皿に見えるが、中央が深くなっており、そこに麺が溜まっている。

味は、上品そのもの。味噌ラーメンは個人的に、あまり好きでないのだが、というのは、味噌ラーメンを食べると大概味が薄いと感じてしまい、頼んだことを後悔するのだが、ここは、ちょうどいい濃さで、「味噌!」という感じでなく、「クリーミィでほのかに味噌」というのが正しい気がする、僕はそう感じた。こんなに美味しい、上品な味わいの味噌ラーメンは僕は食べた事はない。どんどん箸が進んだ。麺も最高で、スープの味を吸収し、きちんとスープと麺が調和しているように思った。

今度は、バジルのラーメンを食べたいと思う。また行く、近いうちに絶対に行く!そう思うくらい美味しかった。

お店:麺 藏藏


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です