〈不思議な美味しさのチャーハンとスープ〉太陽@高円寺


だいたいラーメン屋というのは、頑固そうなおじさんやEXILE風の若く見えるお兄さん?おじさん?が店主なわけで。自分の母親のような方々が作っている光景というのは夢でも見たことがないのだが、高円寺でそれを見る事ができる。まるで、小学校の給食室のようなそんな光景。

 
「太陽」というお店だ。ここは、赤坂見附のよく行くマッサージ屋のお兄さんに「おいしい」と聞いた店。

 
お昼に行くと母親みたいな方々がたくさんだが、おじさんとアジアの方。

   
 
メニューはこんな感じだ。らーめんが480円!前に来た時はらーめんを頼んだが、優しい味であった。疲れた時に食べたい。

今回は、チャーハンを注文。

  チャーハンもスープも多い!この写真は両方大きくスケールが分からなくなっているが、率直に「食えないかも」と思った。

チャーハンは一口目は、「あまり美味しくない…」と思った。そして、スープの一口目も「あまり美味しくない」と思った。スープはどこか、甲殻類の風味があった。よくある中華屋の醤油ベースのスープでは 確実にない。

だかしかし、ここから驚く。チャーハンをレンゲによそり、それをスープに浸して食べた…「あれ?美味い?」不思議な事に癖になるような美味しさなのだ。これには驚いた。こんなチャーハンがあるのかと思った。試してほしい。

 これはジャンボ餃子。具だくさん。これだけでお腹ぎいっぱいになりそう。

こんな感じで不思議な美味しさがある好きなお店。

お店:太陽
 


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です