西野カナLIVE「with LOVE tour 2015」に行ってきた@さいたまスーパーアリーナ


半年に1回LIVEに行きたいミュージシャンがいるのですが、それは西野カナなのですが、それは、西野カナの歌のターゲットには全く入っていないこと承知なのだが、西野カナの歌声、歌が好きなのだ。生まれ持って「練乳付けたいちごが好き」とマッチョが言うようなものだと思う、好き嫌いというのはそういうものだ。

そして、今日は西野カナのライブだった。「with LOVE tour 2015」。プライベートでは、全く、with LOVEしていない訳だし、with LOVEしていないことに、周囲の人間から謎にキレられたりする年齢にもなったのだけど、そのタイトルの西野カナのLIVEに行ってきた。

 
会場はさいたまスーパーアリーナ。初めて行った。

  
なんか、「KAMO SPORTS」みたいな感じ。

そしてやっぱり女学生が多めで、僕は明らかにターゲット外だと入口で改めてわかる。

そして、さいたま新都心駅の近くは、広場みたいになっていて、LIVEみたいな賑わい。

   
 
ビールを飲みたくなったのだが、実はあまりビールが好きでないのだが、それでもビールが飲みたくなるようなテンションになるも、LIVEが始まるまで時間がない…。会場に急いだ。

さいたまスーパーアリーナ

驚いた。かなりキャパが大きい。2万を超える。そして何より音が良い。篭るような濁りなく、ストーンとダイレクトに音が届く感じ。さいたまスーパーアリーナ、来て良かった。

ライブ(セットリスト、アレンジ、編成)

   
   セットリストはマジ神ですね。このLIVEは西野カナの5枚目のアルバムとなる「with LOVE」を引っ提げてのLIVE。そのアルバム収録曲が中心にセットリストが組まれる。西野カナのアルバムは、本当に良くて、何がいいのかというと、凄くコンセプチュアルなのだ。一曲目からラストまでのシークエンスで楽しむ、アルバムとしての価値がそこにある。で、一番好きなアルバムは、「Love Place」である。一曲目の始まりが良く、ラストの締めも良いが、締めに向う、ラスト一曲前の「my place」という曲がこれまた名曲…話が逸れたし、「my place」はセットリストにないのでやめる。「with LOVE」の曲も凄く良い。西野カナの歌は打ち込みよりもバンドの方が活きると思っていて、「with LOVE」に収録されている「さよなら」くらいからバンド感が出てきた。DVDで出ている「MTV Unplugged KANA NISHINO」はおすすめで、西野カナの耳の良さ、歌唱力を体験できると思う。僕は何をすすめているのだ。

こういうアルバムを引っ提げたライブは、アレンジがあまり面白くないというか、原曲再現が多いが、今回も確かに多いが、意外な打ち込みイメージの強い初期の曲がアコースティックで演奏される、それがまた良かった。良いアクセント。

編成だ。意外だったのは、コーラス隊がいなかった事。意図は不明だし、コーラス隊が必要な曲はたくさんあった気がするけど、演奏としては成立しているし…DJがコントロールするベースの音に入れてしまえば良いと思うのだが、でもやっぱりいて欲しかった。

最後に

最近、どんなに楽しみにしていたミュージシャンのLIVEに行っても眠くなってしまって、途中立ちながら寝てしまうのだが、今日のLIVEは全然眠くなく、もっともっと聴きたいと思った。多分、本能的に、西野カナの音楽的な能力が好きなんだと思うし、曲も好きで、そんな感じで、まだ西野カナの音楽が好きなのだとわかった。またLIVEに行きたいな。

 


You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です