〈2週間に一度は食べたくなる刺激的なラーメン〉はしご@新橋


「美味しいラーメン」なんか、そんなの山ほどあって、だけど、「数週間に一度は食べたいラーメン」は数えるほどしか思いつかない。その一つが、はしごだ。赤坂のドコモのビルの近くにもあるが、今回は新橋店。

 

メニューは右上(雑過ぎてごめんなさい…

そして暖簾越しに厨房が見える。

  
こうやってみんなカウンターで食べる。

ばいこうだんだんめん(排骨担々麺)を注文した、これはお決まりだ。

  
曲がったチンゲン菜の弧と豚ばら肉のフライの弧が揃う。その下から麺がのぞく。見るからに辛そうなスープ。シンプルなつくりだが、この全ての要素が完璧に混ざり合って、そのバランスというか、一体感が忘れられない美味しさになっていると思う。

スープは、ハッカクの風味だがそこまでクセはないし、辛そうでそこまで辛くない、つまりはクセになる味なのだ。

麺は博多ラーメンのような細さではあるが、歯応えしっかりで、スープとしっかり絡み合っている。この麺、ラーメンで一番好きかも。

豚ばら肉のフライは、サクッとグニャッと、の良い食感。この食感はやみつきになる。

でだ。

無料でごはんがつく。

  
そして、割り箸と同じ間隔で刻まれたたくあんが置いてある。

  
つまりは、こうする。そして、このご飯に、あのラーメンのスープがめちゃくちゃ合うのだ。たくあん多目で食べていく。なくなったらたくあんを追加…
すると…

  
たくあんも立派な野菜だと思っているので、健康的…錯覚ではないよね…?

こんな食べ方して、そりゃ太りますね…あぁ美味しかった。

お店:はしご

 


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です