建築というのは外とどう関係して生きていくか、なのか〜藤本壮介展「未来の未来」@TOTOギャラリー・間※全作品紹介〜


普段何気なく生きていて、街を歩いている時はスマホを見て、家にいる時はテレビとPCをつけた状態でスマホも触り、と基本的に本当の自分は何かのメディアの中にいるというか、客席に座って誰かの成果物を見ては何かを思い、あーでもない、こーでもない、とブーブー言っている面倒な感じの人にどこかなっている。

そこにいるようでいないような、アニメ的に表現するときっと透けているような、そんな感じだと思いながら、千代田線の3番出口を降りた。

  
地上出口付近にポスター。建築家 藤本壮介さんの作品展「未来の未来」がTOTOギャラリー・間で現在行われているので行ってきた。

藤本壮介さんとは

詳しくは、Wikipedia参照…なのだが、今みたらまだWikipediaに藤本さんのページがない!少し紹介する。

  
1971年生まれ、まずその若さに驚く。また2000年、実施の青森県発注「県立美術館設計競技」で一人で戦いに挑んでいたことにも僕は個人的に惹かれた。国内外の著名建築家やアトリエ事務所含め393もの応募案がそのコンペに提出されたなか、藤本さんの案が2位を獲得したようだ。そういう一人狼に見えるような人には何となく目が行くというか注目してしまう。現在は「県立美術館設計競技」の結果もあり国内外で注目を集め、2000年から15年経ち2015年、住宅から公共建築まで100を越えるプロジェクトに挑んできたとのこと。そこで藤本さんは、常に人と空間のあり方、都市とのつながりを意識しながら試行錯誤を繰り返したようで、その思考が今回の展示会で見え隠れするというか、隠れるところなく全部出しされているように思った。House N」、「Tokyo Apartment」の文字が展示物のシールに多く記載されていたが、それは実案件で藤本さんの思考が具現化されたもののようだ。

TOTOギャラリー・間

アート施設が犇めく六本木、乃木坂にTOTOギャラリーはある。
   

乃木坂駅の3番出口を出るとすぐにビルが見える。

入口。壁はガラス張りで何やらお洒落に何かがディスプレイされている。

    

TOTOといったらトイレだが、水周り全般ある。デザイン性に優れ、「こんなのが家にあったらなぁ」と始終思ってしまう。

 

シャワーもある。高級ホテルとか海外のホテルで見るような水が出るところの面積が広いものが多いと感じる。

  

これだ。これでシャワー浴びてると、海外来た感がある。

藤本壮介展「未来の未来」

  

  

展示会のタイトル通り、藤本壮介さんが住む事に関しての「未来の未来」を考えた軌跡が模型を通じて伝えられる。

   

    

展示スペースの様子。基本的に模型を見て回る。一つ一つの模型には、藤本さんのコメントがついている。コメントには、コンペの情報や、このデザインに至った考え、見に来た人への問いかけもある。住む事に対して、無関係の人はいない。でも住む事に関して、あまり考えてこなかった自分を再認識することになると思う、少なくとも僕はそうだった。

藤本さんの展示物を自分なりに整理すると

  1. 建物と外との新しい関係の提案
  2. 壁の再考
  3. 既存の物をヒントにしたデザイン①物そのものを置く
  4. 既存の物をヒントにしたデザイン②複数の物を積む、束ねる

に分けられると思うが、この4つには親子関係があり、1が他全ての親であると考える。ただ複雑で境界が曖昧で、図にするとこんな感じ。

  

全ての物は、見ている人に新しい住み方を提案し、同時に問いかけてくる。模型の分かりやすさと脳みそへの影響力をたくさん感じたので、ここに全て載せるが、実際に会場に行って、模型を色々な角度から見るべきだ。

それでは、展示物を紹介する。枚数がかなり多いので説明は少なく。展示物についているコメントを見てほしい。

1.建物と外との新しい関係の提案

建築というと、外と切り離された建物内部に意識がいくが、この展示では外と建築の関係についての試行錯誤が示されている。建築が外とどう繋がるかパターン出しがされ、また似ている模型もあり、藤本さんのなかで検証が行われているようだった。

 

壁は重層だが室内が 密閉されて いる訳でなく、内側には木が生える。

   

 

重い素材でもモザイク状に境目を曖昧に。

   

     

緑を室内に取り込む。

  

建物を細胞的に、生物的に。また緑も散りばめる。

   

     

流れを意識。あらゆるパターンを考える。

  

横、縦と、見通しという流れを検証。

    

  ランドスケープも。

     

家を積む。

  

それも山肌を参考に。 

  

  

  

重ねに重ねる。

      

 

 螺旋状にして曖昧に場を繋げる。 

   

    

  

縦横関係なく緑を。建築という森。
  
スケールを無視して物を置いて考える。  

  

洞窟的建築。

    

迷路。シークエンスを楽しむ。

   

繋がっているような、いないような。   

 

絵があるとよりイメージできる。   

 

木が上にある。山的な建築。   

  

流れの検証。

 

 既成概念の破壊を。 

  

不思議な眺望を。

   

  

光を考える。重さを考える。

    

自由な思考。

 

 箱を散りばめ森として。  

洞窟的だがクリアに。

    

 縦横を曖昧に。

外に曖昧に生活を拡張。曖昧というのは、気持ちが良いのかもしれない。    

気持ち良さそうだ。

    

重さも曖昧に。

  

丘的建築。

     

外も中も自然に。  

混沌という美しさ。   

人工的植栽。
    

立体化。

  

人工的植栽の拡張。

  

斜めのかっこよさ。

 

 曖昧な延び。  

重さと軽さと曖昧な縦と横の延び。

  

空気的建築。

 

密閉のようでがら空き。   

地形的建築。

 

整理された 人工的植栽。  

より自然的な人工的植栽。

 

外なのか屋内なのか。



2.壁の再考

壁にフォーカスされているように見えた模型が該当。

   

   
  

土の間隙のような壁。

   

透け感と割れ感。

  

粗いのか荒いのか。

 

壁のようで、…壁か 。壁ってなんだろ。 

 ビニール。  

自然的な境目。機能も付加。

 

サスティナブル。  

建築の向こうの外も見通せる気持ちさ。

3.既存の物をヒントにしたデザイン①物そのものを置く

紙や紐や網など既存のものを置いて、建築として眺める実験的な取り組み。  

 くちゃくちゃな紙が崖のよう。 

 切った紙を丸める。 

破れた紙が丘に。  

キラキラ光るビニール。   

住居の化石?

  

幾何学。

 

窪みが人が落ち着く場所になる。   

危険そうだが、落ちても柔らかいのかもしれない。

  

石を使うと危険エリアにしか見えない。  

どう生活するのか。

  

ケース的建築。

 

跳ねる。   

柔らかさのある優しい壁。

  

  

細胞的建築。
     

   

 

素材自体を活かし考える。 

  

                  

  

その物のデザイン的な特徴を活かす。                

4.既存の物をヒントにしたデザイン②複数の物を積む、束ねる

物を重ねる事によって空間をつくる。そして空間を活かす。

   

        


  

ズラすかっこよさ。
 

  
  
    

   

  

 何かもを曖昧に。

 

抜けを曖昧に。


展示会を見て思ったこと

展示会場内を一作品毎にiPhoneで「カシャッ」と音をたてながら回るのは迷惑行動であると思うが、多分周りの人はそんなに気になっていなかったように思う。なぜなら、模型を見ながら、藤本さんのメッセージ、つまり問いかけを見て、読んで考えて、見てる人本人が住む事について考えているようであったからである。
僕は基本的に何か作品を見る時、iPhoneを鳴らせる、つまり写真を撮るということなのだけど、周りが迷惑している時は視線を感じ、そしたらやめる。当然撮影許可はとった上であるが。
作品展では、藤本壮介さんの建築と外とがどう繋がっているべきかの試行錯誤であったと思う。建築の構造、デザイン、建築としての機能、ディテールの美しさというよりマクロでの建築、都市と森、のような広い視点で考えられた軌跡のようであった。
僕は一般生活者で、建築について考えることは今はほとんどなく、というより「建築」という言葉でなく、「物件」という言葉を使って、外との関係として、最寄駅はどこか、最寄駅から徒歩何分か、買い物する場所はどこか、遊ぶ場所はあるか…など生活する上での必要な条件と照らして、あくまで駅と買物する場所を点で捉えて、その繋いだものをシークエンスで捉えるのではなく時間で捉える。つまり、住む事に対して楽しさ、面白さを求めるのではなく、便利さ、効率性を重視していたことにまず改めて気が付く。
しかし、僕のこの気付きの発端となる効率性重視の価値観は、東京に住んでいる人のほとんどが持っている考えではないか。何なら、都市と自然が繋がる、しかも螺旋状に曖昧に繋がるという藤本壮介さんが示したデザインは、効率的に良くないのは模型を見れば一目瞭然で、木の管理はどうするんだ、虫とか発生しそう…とネガティブに考えがちだ。
だが、少し自分自身の生活を思い返して、BBQをしたいと思ったり、キャンプをしたいと思ったり、山登りをしたいと思ったり、木漏れ日を浴びたいと思ったり、自然の中に身を寄せたいと突然思うことがあり、これは人間を生物と大きく捉え直し、且つより原始的な視点に立った上で、自然の中で生活することは人間という生物にとっては、重要なことで、その名残がキャンプなど時々衝動として表れているのかもしれない。今も潜在的に自然と繋がっていたい気持ちが多分あるのだろう。
建築家と生活者との住むことに関する価値観の乖離だとしたら寂しいが、上記で示したように効率性に目が眩んだ生活者の住む事についての先入観に邪魔されていると何となく思った。
自然のなかで生活したいというインサイトに対する藤本壮介さんの模型を使ったアプローチはわかりやすく、自分の生活について、改めて考え直させてくれた。それくらいパワフルな展示だと思った。
都内を見渡すと大手ディベロッパーが所狭しに高いマンションを建てていて、地方を見渡せば大東建託があの街にもあったような一軒家やアパートをどんどん建てる。その様は土地の椅子取りゲームのようで、見ていて奇妙なほど、「今はまだバブルなのか?」と思うほどである。
ディベロッパーがつくる家は生活者にとっては理想の住宅なのだろう。駅から徒歩3分で、防音の壁で…など、重要施設と家とを時間で繋ぎ、外と家の中を完全に仕切る。だが、藤本壮介さんが模型で主張するような、住む楽しさを究極的に考えてつくられた自然と繋がった家は、何も金持ちだけのものではなく、一般の生活者への提案でもあったように思う。
楽しく笑顔で気持ち良く生活したい。そこで一番重要な「建築」つまり「物件」について、思考停止していないか?施設を点で捉えて、時間で捉えていないか?とこれから「物件」を探す時に思うのだろう。

こういう展示会を見るわりには、街を歩いている時もスマホばかりで、「外にいる時は、外の景色に集中しろ」と自分に突っ込みながら、六本木ヒルズを目指し歩いている。

  

面白いファサード。

街歩きは改めて、面白い。意外な建物に何とも言えない美しさを感じる。
これからの街を考える前に、もっと現状に目をやるべきだな。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です